2014/5/9  15:02

やはりダメでした・・・  

危篤状態だった身内が
先日亡くなりました。


お葬式も無事に終えました。
立派なお葬式でした。


私自身、最期の瞬間を看取ることはできませんでしたが、
私が仕事を終え、戻ってくるまで待っていたかのように
まだ息がありました。


まだ、今夜くらいまでは大丈夫だからと夫に言われ、
下の階で食事をしていた
ほんの20分くらいの間に息を引き取ったそうです。



いつもなら、食べるのも早く、
食べ終わるとすぐに動くせっかちな私なのに、
なぜかこの時に限って、

「そうだ、いつもせっかちだから、少しゆっくりしていこう」

という思考に変わり、
お茶を少しだけゆっくり飲んでから上のICUへ上がりました。


私がICUの入口に入ったと同時に夫が出てきて、
たった今、息を引き取った、とのことでした。



もし、私がもっと早く動いていれば、
お茶なんかゆっくり飲んでいなければ、
私も最期を看取ることができたのかもしれません。

ものすごく悔みました。



ですが、そのことを葬儀のときに義理の叔母に話したら、

「きっとあなたと一緒に、お茶を飲んでいたのかも」

と言われ、とても救われました。


言われてみれば、いつもと違う行動をしたことに納得できました。



ずっと人口呼吸器に繋がれて、
口も乾いていたことでしょう。



そう言われて、本当に心が軽くなりました。





お義父さん・・・もうこの世にいないんですね・・・。




私が嫁いで、たった2年とちょっと。


本当に短い間でしたけど、本当にありがとうございました。


いつもしてもらってばかりで、
何にも返していないのに。


出来の悪い嫁でほんとうにごめんなさい。



どうかやすらかに眠ってくださいね。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ