2012/6/22  19:44

すごいものを断捨った・・・!!  

って考えるのはダメですか??

溜めこんでいる不要なものを捨てる。


そして今日、大腸の内視鏡検査を初めて受けてきたわけで。


1.8ℓの下剤を飲んで、腸が超スッキリ(や、シャレでなくて)!


長年溜まっていた腸の汚れなどを一旦捨て?て、腸を空っぽに。

なんて、なんでもかんでも断捨離につなげてみたり。
でも、いろんなことを断捨離につなげると、やりたくないことも
以外にできちゃう気が・・。

今回の検査もそう。

そして。


たとえば禁酒。


禁酒って思うからできない。


でも断捨離って思ったら・・・?



「今」の「自分」に必要かどうか、を常に自分に問いながら飲むようにする。


それほど飲みたいと思わなければ飲まなきゃいいし、
必要であれば、飲めばいいし。


私はこれで、少しずつではありますが、飲む量が減っています。

これはある意味奇跡に近い・・・・!!




まぁ、話が脱線しましたが、今日の内視鏡の話。


下剤の味もそこそこ飲みやすく、排泄の際に起こる腹痛も、
下痢の時みたいな強烈なさしこみがあるかと思いきや、ほとんど腹痛はなく、

腸を奇麗にする過程での排泄も、想像よりず〜〜〜っと楽でした。


実際、検査の時も、麻酔を打つので、感覚はありましたが、
ツライほどのものではなく、

なんかよく分かんないうちに終わっている感じ。


ただ、私の場合、一回だけ、お腹に痛みが走りましたが、
まぁ、私は痛みに強いほうなので、まぁ、想定の範囲内。


結果は、なんともなく、健康な腸とのこと。


とてもホッとしました。


汚い話ではありますが、ずっと下痢と便秘を繰り返したり、
昔に比べて、お便ちゃんが細くなったり。

下腹部に痛みと張りがるのに、婦人科では異常無しとの診断。


そして激しいダイエットの果ての痔など・・・・。


そんなこんなで自分の「大腸」に関してとても不安でした。

でも、今回の検診で、ほんとに安心しました。

検査中も、お尻側に穴のあいた、紙のハーフパンツを履くのでさほど恥ずかしくないです。

・・・・まぁ、助士にラッパーみたいな若いニイチャンがいたのは
ちょい恥ずかしかったが・・・そんな羞恥心は麻酔とともに薄れるさ・・・。


大腸検診って、ほんとに未知の世界で、恥ずかしいというイメージしかありませんが、
昔ほど大変でもないようです。

気になる人、心配な人は、思い切って受けてみることをお勧めします。



ではでは^o^

0
タグ: 大腸検診 検査



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ