バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/3/31

中締めを終えて  食い物の話とか

記念になんかそれっぽい事書こうかとも思ったが疲れたのでまたの機会に。

とりあえず今日は大陸からこっそり帰国中の後輩に偶然会う機会が出来た。別の人間に挨拶に行ったらたまたま居た。今日会わなかったらもう一生会う機会も無かったろうからまあ良かった。

最近調子良かった肩も弱冠また「来そう」な気配(今度は左)→今日も首を伸ばして少し収まる。そして明日からはやることは結構あるにせよ、しばらく会社は行かんで良い。

夕飯は前に一度だけ言った武双山の手形のある中華屋。
http://diary.jp.aol.com/hanao/595.html

まあ過去の印象はあまり良くなかったのだが、なんとなく。

チャーハンともつ煮
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

チャーハンを食い「ああこんなだった・・・」と記憶が蘇る。前の日作った固めのおじやとチャーハンのあいのこ位の食感。再現性があると言う事はあえてこう言う状態にしてるのか?

美味いとは言い切れないがなんか今日の気分には結構合うというか・・・・出来損ないと切り捨てるには結構不思議に後を引く。カラフルさも素敵っちゃあ素敵かも知れない。ひょっとしたら癖になるかもしれない。しかし残念ながら癖になるほど通う時間は残されていないのだった。

もつ煮は、ちょっと変わった風味がありも無難に美味し。

で昨日貰ったもずくとキムチ
クリックすると元のサイズで表示します
塩抜きしたもずくは青じそ柚子ぽん酢(確か)でいただいた。こんなに大量なもずくを一気に食ったのは初めてかも知れない。

そして明日はエイプリル・フール。イベントとしては押しが弱いし、もう十年以上4月1日に嘘をついて無い気もするので態勢に影響は無い。ともかく引越しシリーズに向けまずは爆睡から始めよう。恐らく明日はスタートダッシュは控えめに・・・

2008/3/30

夕飯は  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
味盛でしょうが焼き定食大盛り=750円コーヒー付き。お手ごろ価格で腹一杯で味もちゃんと「しょうが焼き」。常食として王道か?

明日は今の会社の「中締め」。最終日=4月15日にもいちど出勤はするのだが、実質最終日か。最終日がどんな感じになるか微妙なので出来るだけ挨拶とか色々しとかねば。

それにしても転職決意から調度3ヶ月、結構ここまでマッハな経時感覚だった。歳とともにどんどん時間が経つのが早くなる。なんてったって厄年(かぞえ)だもんな。時間は有限。体力の続く限り人生を楽しまなくては。よって寝る。

2008/3/30

「探偵ガリレオ」 東野圭吾  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

「手紙」はあかんかった。テーマに乗れなかった。じゃあコレは?

ドラマでやってたの「面白そうだな・・・」とは思いながらも何かとタイミング合わず殆どみてなかった。で原作な訳です。

結構王道。短編集っつうのもあるが軽いっちゃあ軽い。不思議提示でサラッとサイエンスな解明もあくまでシンプルに明快なのが良い。陰謀渦巻くのも、私怨が絡み合うのも、謎が謎を読んじゃうのも良いが、このぐらいサイエンスな不思議と"ガリレオ"が主役でシンプルにまとめるのも良い。ガリレオの弱冠の偏屈っぷりも御手洗潔あたりと比べるとずっとお茶の間お手ごろ感でその点でもお茶漬けサラサラ。

"柴咲コウ"的なキャラは残念ながら出てこない。でも普通には面白かった。

2008/3/30

クワイエットルームにようこそ  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します

先に映画化に合わせて発売されたっぽいマンガ読んでた。原作の小説は読んでない。

明日香は芸能関係の雑誌にコラム書いたりなフリーライター。彼氏はお笑い関係の放送作家。仕事順調でバリ忙しい。気合入る。締め切りをそこだ。よしっ・・・・って気が付いたらベッドの上で5点拘束&点滴&酸素マスク。ここ何処? ってな感じで物語は始まる。

内田有紀はますます男前だ。相変わらず河相我聞に似ている。でも良い。なんか良い。凄く良い。こんなに良かったっけ?

クドカン、妻夫木、大竹しのぶ、りょう・・・その他色々脇役達も非常に良い味。そしてやはり蒼井優は良い。絵もシャープで綺麗。

内容はヘビーなテーマもコメディー色強く、コメディー色がさらにテーマに深みを出したりとか。軽薄ギリギリが妙にリアルでシニカルなタッチとなり、ひじょーに素晴らしい。


大変楽しめました。

2008/3/30

牛タンを独り占め出来る幸せについて考えてみる  食い物の話とか

訳が無い。

首伸ばして、徒歩圏内で昼飯食おうと。「アンサンブル行ってダメならどっか中華かな・・・」と思いぷらぷらと。想定の範囲内でアンサンブルは「只今の時間はご予約のお客様で満席です」と。そういや昨日の「たん.ぷる.たん.」もメインテーブルはすべて「予約席」だったなあ。週末のランチで予約する文化で暮らしていない花男には、そう言う行為はなんか「はいそさえてぃ」なイメージだ。勝ち組の匂い?

「じゃあ中華か・・・」と何の気無しに中華屋と反対方向に歩いて行くと
クリックすると元のサイズで表示します
焼肉屋があるのだが
クリックすると元のサイズで表示します
どうやら昼も営業しているらしい。炭火焼肉「でん」。

なんと言っても焼肉屋。ましてや・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こんな看板も出ている

クリックすると元のサイズで表示します
職人の店である。中々一人では入るには気後れするので、入ったことは無かったが昼営業なら一人でも良いかと入ってみた。

中に入ると先客無し。「一人で食事なんですが、大丈夫ですか?」と聞くとそれなりに何とかなりそうだった。店員は「友近」がそのままもう少し歳を重ねたようなおばちゃんが一人(同い年位かも知れない)。ギリギリ五月蝿くない程度のカンバセーションを図ってくる。タメ口きかれてもそれほど気にならないのは友近的な風貌&キャラの産物か。後でHPチェックすると「この道一筋43年のオヤジが語る!」と出てたのでこの人≠職人な模様。

牛タンステーキとライス大盛りを頼む。
クリックすると元のサイズで表示します
うむ・・・いきなり凍った牛タンの塊りが出てきて弱冠扱いに戸惑う。最初そのまま塊りで焼いたりもしてみたが・・・結局はさみで切ってこういう形でいただくのが食べやすい様で。
クリックすると元のサイズで表示します

サービスのキムチと共に白米をかっ込む
クリックすると元のサイズで表示します



幸せ・・・



程よく脂の乗った厚切りの牛タンは、噛みごたえとジューシーさととろける感じのバランスが秀逸。ビバ牛タン!!全身「タン」な肉質の牛とかそのうち遺伝子操作で開発されないもんだろうか?

弱冠サービス価格らしい2800円。話の流れで「もうすぐ引越しなんですよ」と言ったからかどうかは判らんがおみやげくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
キムチともずく。

もずくは現在塩抜き中

クリックすると元のサイズで表示します

お店のHP↓
http://www2.plala.or.jp/yakiniku-den/



昨日で引越しの見積もりも済んだし、来週の火曜からは引越し準備で休み→怒涛の掃除&諸手続きシリーズ突入だ。今日は久々フルまったりDAYとし、買って見て無いDVD見るやら読書するやらで過ごそうかなと思案中。

2008/3/29

きっと良い人だ  食い物の話とか

夕飯は先週の土曜の昼飯にもふらっと入ったアピタそばの喫茶店。ほか弁屋がもう閉まってたので、入った。どうやら「ラニカイ・カフェ」と言う店名があるらしい事を確認。

店は前回も感じた独特の匂い。前回は食い物系の匂いかと思ったが、この再現性は意図して満たしてる物に違いない。お香なのか?花男の記憶の中では「台湾の匂い」。台湾の何の匂いだったかは、はっきり覚えてない。何分もう10年くらい台湾には行って無いもんな。

で夜でもOK本日のランチメニューの二つのうちからグリーンカレーを頼む(もう一個は鰈の煮付けだった)。
クリックすると元のサイズで表示します
ああ・・・・グリーンカレーってこう言う感じだったっけ。ココナッツミルク感と裏側の香草の控えめな主張がなんとなくタイだ。味は違えど感覚はクリームシチューを御飯にかけて食う感じだ。

実はオーダーの時「大盛りで来ますか?」とたずねたら「今日御飯がもうあまり無いんで・・・パンで何か作りますんでそれで良いですか?」との事なのでそうしてもらった。
クリックすると元のサイズで表示します
ホットサンド的な物が2枚付く。

中は
クリックすると元のサイズで表示します
ハムとホワイトソースなツナ。

大盛り料金=100円でこれが付けば結構お徳に違いない。普通ならただ「今日は大盛りもう出来ないんです・・・」と言って済ませそうな物を、そうじゃない心遣いもちょっとサービス受けた気分になる。臨機応変とCSを感じる。

お味の方は全般に・・・・前回も感じたが誰かんお邪魔したら「こんなの作ったんだけど・・・」と出てきそうな味わいたち。それはそれでアットホームで良い。大盛り価格で950円なり。

店主は恐らく花男と同い年かちょっと上の女性。その後来た常連風の女性客に「タバコ切らしちゃった・・・1本頂戴」と言われどうぞと差し出してる雰囲気などもきっと良い人に違いない→ホットサンドで餌付けされた花男視点で見える肖像。

結構場所的には行きやすく、めんどくさい時にはちょうど良い。喫茶店で鰈の煮付けと言うのも気になったりはする(日替わりっぽいので何が当たるか判らんが)。栃木在住中にもう1回くらい行くことがあるかどうか。

2008/3/29

必要年収シュミレータと言うのをやってみた  分類なし

つまり掃除はして無い訳で・・・

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/n_simulator/n_simulator_01.html

求める生活環境やなんかから必要年収を査定すると言うものらしい。まあ年齢上限が37歳だったのでもうあまり気合も入らず適当にやったのだが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

おいおい・・・

「適当」とは言っても、大体は今送ってる生活に近い〜弱冠リッチ目に入力をして「結婚する&子供一人」と言う前提にしただけなのだが。結婚して、子供作って今の生活(趣味での金遣い)を実現するためにはコレだけ稼がないといけないらしい。家族を持つと言うのはコストがかかる様だ。

世の中世知辛い・・・のか?



ちなみにコレもやってみた
http://career.biglobe.ne.jp/shindan/simulator/
こっちは転職した場合の期待出来る年収を査定するもの。

当然、上の結果には大きく及ばないが・・・今度お世話になる会社からの提示年収とほぼイコールだった。結構適正(あるいはシミュレータが高精度)なんだとちょっと感心。

2008/3/29

13時間強  食い物の話とか

一度引っ越し屋からのTELで9時ごろ起きたのだが、さらに二度寝で一時間。


ビバ爆睡。


少しうだっとして、首伸ばしてから「たん。ぷる。たん。」へ飯食いに。
クリックすると元のサイズで表示します
ほうれん草とハムのクリームパスタ大盛り。
パスタ連食。しかもつづけてクリーム系。大盛りで調度ほど良い量なのは女性客メインだからか。比較的塩っけしっかりは昨日のフィレンツェと対照的。「労働者味覚」な花男はこの位はっきりした味の方が好きかな。心の残りも一部アルデンテより強めで、それも含めてありです。

そして当然
クリックすると元のサイズで表示します
デザートは秀逸!!

杏仁のアイスとか相当素敵。1365円でした。




そして、3時〜3時半に来ると言うクロネコヤマトを待ちながら少しは追加の部屋の整理を・・・するかも知れない。「焼け石に水」って乗り気がしないので微妙。

2008/3/28

早く寝よう  食い物の話とか

明日は引越し屋が、見積もりに下調べにやってくるのだが・・・・状況は不変。でも眠い。とりあえず寝て明日の朝から掃除・・・やらねえよな・・・

フィレンツェで夕飯
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
シーフードのピリカラトマトスープのラージ=350円。結構お得。酸味とニンニクのマッチング。トマトのグルタミン酸と魚介のイノシン酸もマッチング。ビバマッチング。美味し。

カルボナーラ=基本価格980円+大盛り150円=1130円。お腹一杯。塩分は控えめ。カルボナーラならもう気持ち太めのパスタが好きだが、でも美味し。ビバデュラムセモリナ。




とりあえず今週勤め上げ、後月曜会社行ったら退職当日まで休み=引越し準備。色々と思うところはあるが今日は語らずまずは寝る。

2008/3/27

立川だと思ってた客が三鷹だったりはしたのだが  食い物の話とか

ともかく今日は出張だった。

7時チョイ前にタクシーで家を出て7時19分の「なすの」に乗り込む。
クリックすると元のサイズで表示します
セブンイレブンあたりと比べてもさらに安っぽい。
まあ安っぽさも含めて「出張」と言う気分には何故かなる。

おにぎりの製造元は多分コンビにもJRの売店も同じようなもんだろう。
と言う事はクオリティーの差はレシピ?

今日はほうじ茶。日本のお茶系とコーヒーやら紅茶との最大の違いはグルタミン酸だな。グルタミンバリバリな感じがアジア感を盛り上げ、最初の目的地の赤坂見附→うちの会社の東京本社っつう所へ。


便所の鏡で寝癖治ってないこと認識し、近くのコンビニでムース買って塗りたくってっから会社へ入る。
クリックすると元のサイズで表示します
結構美味かった会社の自販機のリンゴジュース。

で簡単な事前打ち合わせの後、お客さんを向かえ11時半頃まで色々と。

んで昼飯。
クリックすると元のサイズで表示します
地下のカフェテリアにて。いつもながら「たいして美味くもそれほどまずくも無い」と言う飯だが、ここで食うのもこれが最後かと思えば多少は愛しい。

で三鷹へ移動。桜がほぼ満開
クリックすると元のサイズで表示します
今年は早いな。宇都宮も来週くらいなのかな?

でお客さん行って、でもって中神行って別のお客さん行き・・・・どっちでも最後の仕上げと喋り倒してヘロヘロになり帰路へ着く。

同行者も居たのだが、サクッと帰りたそうだったので「適当に飯食ってから帰るんで」と駅東へ。

地上に降り立つとなにやらマイク持った人が話しかけてくる。

マイクな奴「日本テレビの『すっきり』ですが少しお話伺って宜しいでしょうか?」

花男「どんなお話ですか?」

マイクな奴「『栃木県について』なんですが・・・」

花男「あ、栃木の人じゃないんで・・・」

小さく嘘を着く。めんどくさかったし、腹減ってたし、特に意見も無かったし。まあ「真っ赤な嘘」ではない。じゃあ「真っ青な嘘」ってどんな・・・って前にも書いたな。

んで丸信ラーメン
クリックすると元のサイズで表示します
「あっさり」のチャーシュー麺。つくづく平打ち縮れ麺が残念。やっぱスープは好き。

で揚げ餃子
クリックすると元のサイズで表示します
歯ごたえのサクサク感も味わいもやや劣るが、やはりホワイト餃子に似ている。本家食えない状況ならそれなりにコレでも嬉しい。これってここのオリジナルなのか、それともあっちを参考にしてるのか?全く偶然にここにたどり着いたのであれば、ちょっと素敵な偶然である。


そしてバスで帰ろうと西口へ行くと・・・・なにやら「よんどころない方」の対応で駅前が緊急規制中で半閉鎖。バスが何処ぞでとめられ待機中らしい。そばに居た関東バスの職員に訪ねると「さっき規制解除になったんでもうすぐ来ます」との事だったので待つ・・・・来ない。イラつく。

平常時、花男は右にも左にも傾いていないのだが、こう言う瞬間にはどうもマインドが左へ寄っていく。と言うか、まあどんな些細な迷惑でも「無意味に自分に降りかかってくる」のがムカつくだけなのだが。別に好きでも嫌いでも無いので、ただただ花男の行動を阻害する範囲にやってこないで欲しい>よんどころない人。

と言う事で、バスはさらに遅れかつ渋滞でとろとろ走られイライラは募り・・・・自分と関係無いバス停で「降ります」ボタンが押される音がするたびに、軽く舌打ちが出てしまう程度には精神状態が悪化しながらも何とか帰宅。

ダラダラするのは好きなのだがじっとするのは嫌いなのだ。

そんなわがままな自分が心底可愛いと思う春の夕べだった。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ