バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/1/25

日本のセブンイレブンとはしばしお別れ  食い物の話とか

やっぱセブンイレブンは日本だね。アメリカのは変なサンドイッチくらいしか売ってなかったしなあ。ヨーロッパではどうなんだろう?そもそもセブンイレブンがあるのか?

と言うことで昨日今日と連夜のセブンイレブン
クリックすると元のサイズで表示します
アメリカの食い物は概ね不味かったけど、中には美味いものもあった。そんな数少ない美味かったものの一つがニューイングランドクラムチャウダーだ(店によっては「はずれ」もあったが)。でセブンイレブンの新メニュー「アサリのクリームスープ(だったかな・・・)」を見かけ、「おっ?あんな感じかなあ」と思いトライ。イメージはやや異なる。ちょっとスープが「しゃびしゃび」過ぎ。粘度不足?あと、ちょっとコクが不足してて安っぽいかな・・・アサリの味はむしろ強い。不味いと言うほどじゃなかったけどいまいち。ペペロンチーノは美味かった。

クリックすると元のサイズで表示します
今日のはどっちもぱっとしなかった。イチゴサンドが一番ナイスだった。

明日は早起きして成田へ向かう。ハンブルグ、バルセロナ、パリな感じらしい。良くわからないがとりあえず行く。そんなんで良いのか?スケジュール見る限り、観光不能と思われるがなんか食い物くらいは写真でも取ってこようかな・・・

なもんで、恐らくこれが今月最後の更新。

2006/1/25

おおっ?  分類なし

麻雀物らしい深夜アニメ、主題歌が古井戸の「何とかなれ」だ!!
まあそんだけです。そろそろ出張の荷造りをしないと・・・でも寝よ。明日やる。

2006/1/23

「Mellow Gold」 by Beck 1994  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
ジャンクSPORTSでお馴染み(?)のBECKさん。その後のアルバムもそれなりに聴いてるけど、やっぱこのメジャーデビュー版(なのかな?)が好き。いや、ヒットした”Loser”が好きなのだ。

調度この頃「ローファイ」と呼ばれてた「Soul Coughing」とか「G Love with special Souse」とかが好きだったのでその線かなあって聴いてみた。馬鹿売れしてたらしい”Loser”もほとんど耳にしてなかったし。

そしたら一風似てる感じはするけど、なんか全然違う。「こいつ・・・オタク?」とか思った。なんか「Soul Coughing」や「G Love」はなんだかんだ言ってバンドっぽかったし、友達いそうだったし、すかしてたし(良い意味でね)、ちょいとばかりJAZZっぽかったり・・・・でもBECKは一人でぐひぐひ笑いながら作り上げてる感じがした。友達いなそうだった。それで居て音の仕上がりはかなりポップ。ややひねくれてるがあくまでポップ。ともかく本人はなんか楽しそう。正直最初はカッコイイなとは思ったんだけど、「俺が好きなのとはちょっと・・・うーん・・なんか違うかな〜」って感じだった。一曲目の”Loser”を除いて。

“Loser”は最初から好きだったなあ。「べいべ〜♪ おいらあ負け犬だぜ〜♪ 殺しちまえよ〜♪」なんて歌ってる(んだよね・・・)サビが妙に耳について、”たっるーい”ブレークビートもちょいドブロっぽいスライドギターも気持ちよくて、なんかこう非常にポップで好きだった。まあ、んでもって結局そのうち他の曲も結構好きになった。でも今でもLoserがダントツ好き。

と言うわけでBECKさん、この後アルバムとしてはずっと密度の濃い奴を発表し続けるわけだが、なんか聴きたくなるのはこのアルバム。去年出た「Guero」なんて買ったは良いが2回くらいしか聴いてない・・あ、なんか年末そっくりなジャケットのアルバム出してた?こないだレコード屋でジャケット見て「あれ?持ってる?」と思い家に帰って確認したら微妙に違ってた。買おうかなあ・・どうしようかなあ・・

それにしても、Loserってもう12年くらい前の曲なんだねえ〜。しみじみ。

2006/1/23

今回も山形じゃ何も食ってねえ  食い物の話とか

道路には若干の積雪。家のそばのバス停からバスに乗る。宇都宮駅まで普段40分程度だが雪の影響もあるだろうと、1時間20分ほど見てみた。やはり見事に渋滞。しかし今日は余裕なのだ!!・・・・ん?おいおい・・・歩いても10分の3つ先のバス停まで40分を要す・・・さすがにこれじゃ無理だろ?タクシーにしとけば良かったか?

本日同行する同僚に連絡を取る。どうやら彼も遅れそうである。予定より一時間遅い新幹線で向かう事にし、客に連絡してもらう。いずれにせよこの時点で昼飯は車内駅弁が決定。

結局バスはその後比較的スムーズに動き出し、1時間半で宇都宮駅に。つまり当初の予定にはぎりぎりOUT。結果的にはもう一本前のバスなら間に合っていた?駅に着いた頃には天気はすっかり晴れ。次の山形行き新幹線の発車までは一時間弱。立ち食いそばを食い、鶏弁当を購入し、合流した同僚としばらく茶しばいて時間つぶしていざ山形へ!!

クリックすると元のサイズで表示します
吹雪いちょります・・・しかも車はガンガン走っとるとです。そういや自分も一年前までは吹雪いてても運転してたよなと思い返す。北国の逞しさと宇都宮の交通の雪に対する脆弱さを感じながら、客に行って用事をすます。山形の食い物に後ろ髪を引かれながらも(鶏の出汁の美味い蕎麦があるらしいのだが・・・)、宇都宮へ戻る。

味噌ラーメンが売りらしいラーメン屋へ入り醤油チャーシュー麺と餃子を頼む。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

・・・・チャーシューは美味かった。スープが・・・やっぱ味噌が売りのところで醤油を頼んじゃだめらしい。同僚は塩ラーメンとチャーハンを頼んでいたが、塩ラーメンはありえないくらいアッサリしていてチャーハンを「おかず」にしてなんとか食ったと・・・味噌ラーメンが売りの店で塩ラーメンも頼まない方が無難らしい。まあチャーシューが美味かっただけでも良しとしよう。でもやっぱなんか一食「美味いものに出会う機会」を損した気分だ。

ちなみに雪のおかげか、風が少なかったせいか山形は寒さはそれほど厳しくなかった。客の守衛所のところで雪で滑って1回こけた。一年足らずですっかり雪には弱くなっている。

さて、そろそろ欧州行きの準備しないとなあ・・・

2006/1/23

宇都宮市の今現在の天気予報が晴れ in 栃木TV  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します
おいおい・・・・・コメントも無しかよ!?
それでは山形へ行ってきます。

2006/1/22

「幽・遊・白書」 "完全版" 富樫義博 全15巻  マンガの話とか

クリックすると元のサイズで表示します
近所の本屋で全巻そろってたので「おお〜 懐かしいなあ〜」と思い購入し一気読み。そおかあ・・・そうだな、こう言う話だったなあ。何年前の作品だっけ?

冒頭から主人公が死んでる。霊界にとっても予定外の死だった主人公が、生き返るために徳を積むっつうのか、そういう感じで始まるマンガだが・・・まあその設定はすぐに意味を成さなくなる。基本はいかにも当事のジャンプな、少年大好きバトルものへとなっていく。なんつったって実は主人公が魔族の子孫?そんなんだもの。

でもね、読み返して面白かったですよ、素直に。さすがにヒットしたマンガだよね。ストーリー展開に迫力とスピード感があるし、登場人物がみんな味がある。この人キャラの使い方が上手ですよ、やはり。恐怖とか絶望とかあるいはその中での希望とか・・・後「男前」の描き方も上手ね。まあ最後の方は無理矢理終結しちゃった感はあるけど、面白いマンガだと思いますです。一日で一気に読みきりました。

このマンガのヒットで相当のお金が入ったからなのか、燃え尽きたからなのかこの人も筆不精(?)な漫画家さんになってしまう・・・「Hunter Hunter」ってどうなるのかな?あれこそ全部終わってから一気読みしないと訳わからなくなってるよな・・・


2006/1/22

「The Doors」 by The Doors 1967  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
今日はサイケ?ドラックにやられて風呂場で死んじゃったジム・モリスンさん。そんな彼が率いるドアーズのファーストアルバム。周りの診断によると、どうやらどちらかと言うとロックが苦手らしい花男だが、これは大好き。そういやオリバー・ストーンが映画作ってたっけ・・・それにしてもジム・モリスンはやっぱエロい。エロくてとことんカッコイイ。

花男のドアーズとの出会いは18歳の頃・・・げっ・・・20年前だ!!大学に入学早々出あったパンクな友人の家にてだな、確か。なんか新歓コンパみたいなのでへべれけになり、そいつのアパートに何人かで押しかけた時聴かせてもらったんだったかな・・・当時あんまり洋楽は聴いてなかったんだけど、「おおっ!!こいつはかっこいいぞ!!」ってんでカセットに録音してもらった(全アルバム)。程なくCDプレイヤーをGETし、一気に自分で買いなおした。一頃家ではドアーズしか聴いてないなんつう時期もあったなあ。

中でも一番好きなのはやっぱこのファーストなのです。ジム・モリスンの書く深淵なる詩の世界とかは実はようわからんのだけど、いやあカッコイイじゃないっすか、聴いてるだけで!!すっげえエロいしね!!当事回りの友達は「地獄の黙示録」のせいか・・・「重くておどろおどろしい」って、あんま好きじゃないって言うやつ多かったけど・・・聴く前のイメージはそんな感じだし、確かに能天気じゃねえし「明るい」っつう感じでは無いわな。それになんつったって「サイケデリック」だしね。でもね、聴いてみると実は結構ポップだと思うんだよね。3分程度にまとまった曲が多いし、ちゃんとそれぞれの曲の中に印象に残るフレーズが入ってるし、フットワークの軽さみたいなのも楽曲のそこかしこから感じられる・・・気がするんだけどね。それにエロいし(しつこい?)。

もうこのアルバムは全曲好きッス。全篇ジム・モリスンの搾り出すようなボーカルがもうたまんねえっす。しっとり歌ってる時もエロい。ギターの人結構達者なんだよね。ドラムも良いよね。上手いのか下手なのかいまいちわからないオルガン(きっとすげえ上手いんだろうけど)もなんかすげえ良い味出してるし。カッコイイ系では「Break on Trough」「Soul Kitchen」「Back Door man」あたり。「Soul Kitchen」のイントロから歌が入り出す部分とかほんと、たまんないよなあ〜 「Back Door Man」の冒頭の「うえあっ!! うぉ・・」とかなジムの雄叫びも良い。そして「Break on Trough」はアルバムの冒頭を飾るにふさわしいカッコよさだ!!エロさで言えば「Alabama Song」とかなんかすっげえエロい。「Light My Fire」はやっぱ名曲っすね。いろんなカバーがされてるけどオリジナルはやっぱ格別な雰囲気を持ってる。 「The End」はさすが「ポップス」言うのには重いのかな・・・この曲もすげえ好きだけどね、確かに聴くのに体力は要る。他の曲もすっげえ良いよ。

ちょっとジム・モリスンが神格化されてる事もあって、どうもみんな構ちゃう節があるけど・・・つう訳だから、構えないで聴いてみても凄くカッコイイアルバムだと思う。いや、「深淵なる詩の世界」が理解可能な方にとってはそういう所も楽しんだ方が深く楽しめるんだろうけど、そうじゃない人でも音楽だけ抜き取っても充分楽しめますよと言いたかったの・・・・かな?まあいいや。ともかくDoors好きです。

2006/1/22

防寒対策  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します
明日は山形、そして木曜からは欧州方面へ出張。マサチューセッツに比べりゃマシだろうけど宇都宮よりは更に寒い。それに「日本じゃ不要だろ」っつうことで処理してしまっていた防寒着。そういわゆる股引と分厚い靴下を買ってきた。これで何とか乗り切れるか?

2006/1/22

今週末は既にラーメン三杯  食い物の話とか

金曜の夜は東原ショッパーズお惣菜半額シリーズと栃おとめwith練乳
クリックすると元のサイズで表示します
練乳美味いね。チューブから直接ちゅーちゅー吸っても良いくらい好きだ。そっから爆睡して昼過ぎに起きてほぼ毎週恒例の満福のチャーシュー麺を食いに行く(写真は去年のもの)。
クリックすると元のサイズで表示します
美味い。やっぱ良い。毎週食っても良い。ロットによる味の微妙なばらつきは相変わらずあるが、最近はどの方向に振れても美味いと思う。やや不安定なのに、もはや安心感がある。本当にこいつがあるから、他の店で不味いラーメンにあたってしまっても心のバランスが取れてるのだと思う。去年できた新メニュー、「カレーたんめん」や「もやしそば」はまだトライしてないが・・・何時か食った方が身のためか?もやしそばは美味そうだけど、ここで外すと週末ずっとブルーになる気がして、未挑戦なのだ。

そして夕飯もラーメン。看板には「純手打ち」と店名に引き続き、自信たっぷりに「チェーン店」と、あたかもそれが売りの様にでかでかと書かれた店・・・「チェーン店」=「保証された安心な味」とでも言いたいのか?店内には全くチェーン店の雰囲気は無い。店に入るとタクシーの運ちゃん風の先客が一人。チャーシュー麺と餃子をオーダー。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
うん。しっかり不味い。餃子もいまいち。店の中では店主の大型の飼い犬(ラブかな?)が闊歩する。二度とこないだろう。後で調べたら小山の人気店のチェーンらしいのだが・・・・・

と、不味い&物足りなかったので、帰りがけにスーパーで夕飯を補填する
クリックすると元のサイズで表示します
連日の半額シリーズ&栃おとめ。こんなもんでもさっき食ったラーメンよりずっと美味いのが返って悲しい・・・中華あんかけ焼きそばなんてなかなかのものだ。鯨の刺身は去年の東北旅行中に食った時程の美味さは感じなかったが、まあスーパーならこんなもんかな。そしてやっぱり練乳は美味い。

で一夜明け、今日の昼飯はまたまたラーメン。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
山本の支那そば系(しかしIME2002相変わらず馬鹿すぎる。「支那」を変換しやがらないのは中国に考慮してか?やっぱATOKが欲しいな)。去年出来た店らしいが、結構家族連れ中心に賑わっている。支那そば煮たまごトッピングと半チャーハンを頼んだが・・・

細めんストレートの麺は好き。スープは良く言えば上品な和風スープ。悪く言えば薄い。いや、やっぱ薄い。醤油のお湯割りにちょっと風味を加えたようなこのスープは花男には解せない。しかしそれでも昨晩のラーメンよりはマシだった。チャーハンはシンプルながら結構美味かった。

夕飯は何食うかな・・・またラーメンか?と言うことでVIVA満福なのだった。

2006/1/19

出張先で食った昼飯  食い物の話とか

客先に向かう途中ラーメン屋を発見。昼はここで食おう思っていたが帰りにはすっかり見失う・・・駅前にあまり食い物屋の無い駅東京都23区外。以前入った時、焼き魚定食が美味かった寿司屋へ入る。すると「豚丼と山かけ丼しか出来ないんですが・・・」と女将。えっ?そーなの?それにしてもなんか変な取り合わせだが・・・でも、まあそれじゃあっつうんで山かけ丼を頼む。
クリックすると元のサイズで表示します

見た目はなかなか良い。食らう。・・・・微妙な違和感が。もう一口食らう・・・ああ、そうか・・・・

飯が酢飯でした

うーん・・・不味くは無いんだけど、チラシならともかく山かけには普通のご飯が合う。山芋のとろみとあいまって妙に飯が臭く感じたりする。マグロ以外にもイカの刺身なんかも入っててそういうところ悪くは無かったんだけどね。

で夕飯はスーパーオータニのお惣菜。
クリックすると元のサイズで表示します
アンコウの竜田揚げも手羽もとと大根の煮込みもなかなかだった。



「どっちの料理ショー」のラーメン対決がとんでもない事になってた。微妙にどっちも花男がラーメンに求めるものとは違っていたが、中村屋の方は別の食い物としてすげえ美味そうだった。負けてたけどね。食いてえ〜!!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ