X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLダイアリーで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に首都機能移転を♪ / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化発展。X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (来々2030年)札幌五輪。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「環境都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成30年標語)「今日の汗 明日の笑顔の 架け橋に」X
X(人間開発は基礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2018/9/11  23:54

「君の膵臓をたべたい(住野よる 双葉社)」を読み終えました  読書人(4.23は本の日)
 何か気味の悪いタイトルの映画が流行しているなと思っていたのですが、漫画版が発行されてプロットを読んだら面白そう、小説を電子図書で購入して読んでみました。

 今の小説は純文学でも「読みやすい文」で書くので、すいすいと読めてしまう。

 予想通り仕事を終えリハビリをし、帰って読み出して読み終えた。

 まだ読み終えたばかりなので、気持ちが頭の中でまとまっていない。

 「愛と死をみつめて」に似た内容だ。
 あの恋人だった男性は普通に長生きし、日蘭通商400年の時にオランダに関する本を書いていた。
 彼は彼女のぶんも生き努力したのだ。
 「愛と死をみつめて」は、当時の純潔教育の中で推奨された純愛の理想とされた。
 今は純潔教育からジェンダーフリー教育となり、純愛ものなど書こうものならカマトト集団に口汚く罵られる時代だ。

 その中で「君の膵臓をたべたい」は、ひじょうに真っ直ぐな恋愛物語だと思った。

 「純愛小説」と言われれば、作者は嫌な顔をするかもしれない。

 しかし作者のデビュー作だそうで、作家の人生経験が反映された小説なのかもしれない。

 そのせいか純文学として文の完成度には不満があるが、作家の気迫がグイグイと迫ってきた。
 
 今後もよいものを書いていってほしい。

 最後に純文学の文は作家の個性があってよいものだと思う、作家名を伏せても推測されるくらい個性があってよい。

 読みやすさにこだわることはないと思います。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 好文 読書 純愛

2018/8/19  22:31

北杜夫の木精(こだま)を読み終えた  読書人(4.23は本の日)
 外出もできず歩けないのではどうしようもなく、こういう時は安静にしているか読書です。
 今日は高校野球も安息日なので、読みかけだった北杜夫の木精(こだま)を一気に読み終えました。
 北杜夫さんの名作「幽霊」の続編なのですが、話としてのつながりはなく、「幽霊」を書くきっかけとなった精神科医の青年と、上流階級の夫人の倫子(のりこ、ノッ子)との恋愛話でした。

 青年の頃に「幽霊」を読み、その清澄な世界に感動しましたが、木精は何か読みづらい感じがしていました。

 これは不倫話なので大人の話で、私ぐらいの年齢になって読む小説だと思います。

 私ぐらいの年齢になると、人妻はいけないかもしれませんが、こういう上品な女性と恋愛はしてみたいとは思います。

 恋愛はうまくいかなくても、必ず得るものがある。

 それは私も納得するところです。

 というよりそう思うしかないのですが・・・。

 精神科医は道ならぬ恋から逃れるため、そして自らのキャリアのためドイツ留学へと旅立つ。

 しかし思いだすことは倫子のことばかり・・・そして帰国前に尊敬するトーマス・マンの小説の聖地巡礼をし、そこでインスピレーションを得て、作家として成長していく・・・そんな小説でした。

 北杜夫さんの文は読みやすくそれでいて美しい、今インスタグラムが流行していますが、文ですべてを表現をする小説は優れた芸術です。

 漫画家もゲームクリエイターも、小説を書けなければ作品を作れないでしょう。

 映画やドラマなども、漫画よりは小説が原作の方がよいですね。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 好文 読書 修養

2018/4/30  19:07

遠藤周作の「王の挽歌」を読み終える  読書人(4.23は本の日)
 遠藤周作の「王の挽歌」は、キリシタン大名として知られる大友宗麟について書かれた歴史小説です。
 NHK大河で西郷隆盛のことを描いていますが、ふと・・・そういえば幕末のことで薩摩、肥前、長州などには関心があったが、九州きっての名家であった大友氏については・・・大内家の宿敵以外はあまり知らないなと思ったのです。

 大友二階崩れ(赤神諒著 日本経済新聞社)、宗麟の海(安部龍太郎著 NHK出版)、王の挽歌(遠藤周作著 新潮社)の順で次々と読みました。

 他の地域ではわりとすんなり受け入れられたキリスト教ですが、大友家は九州きっての名家で神道や仏教を守護する立場にあった。その当主がキリスト教徒になることには問題があったのでしょう。

 一方で九州探題にまでなった大友宗麟がキリスト教を保護することで、九州ではキリスト教が広がりました。
 その影響力はやはりすごいものがあったと感じます。

 ただやはり・・・大友宗麟は仏教に留まるべきだったと思います。

 ただ「宗麟の海」でひじょうに面白いことを勉強させていただきました。

 耳川の戦いで大友は島津に大敗するわけですが、その理由の一つに鉄砲をあげていたことです。

 大友も毛利と死闘を続けていた時は最新の鉄砲を懸命に集めていましたが、島津と戦う時にはいささか旧式になっていました。島津はポルトガルからマスケット銃を集め、それを種子島で量産していた。

 島津は鉄砲になくてはならない天然硫黄が豊富にあり、それをポルトガルなどに売りその金を使い鉄砲を量産していたわけです。

 大友も尾平鉱山という銀山と、温泉があるので天然硫黄をこちらでも産出し軍資金にしていたわけですけど。

 軍備への熱心さに差があったのかもしれません。

 島津は室町時代まではひじょうに地味な守護大名でしたが、安土桃山時代の途中で急に力をつけだしました。それは隼人族以来の武勇の伝統もありましたが、種子島の鉄砲に原因があることを知りました。

 そういえば明治維新でも薩摩はイギリスの新型銃を手に入れ、幕府軍を圧倒しています。

 逆に西南戦争では政府軍の銃が薩摩軍の銃より優れており、それが政府軍の勝利へと結びつきました。

 薩摩にとって種子島の銃は命綱だったわけです。

 これはあまりにも意外でした。

 大友は耳川の戦いでまずい作戦もあったものの、マスケット銃の威力を知らず大敗したわけです。

 おそらく龍造寺隆信も同じであったでしょう。

 慎重な大友宗麟なら直感で危険を察知しミスをしなかったでしょうけど、キリスト教による心の救いを求め現世への関心を失っていては、島津義久には勝てなかったわけです。

 ただ日本においてキリスト教の堅信を残した大友宗麟は、日本において明治維新以降柔軟にキリスト教文化を受け入れた基盤になったとは思います。

 茶人としても優れていた宗麟の日本文化への貢献は大と言えるでしょう。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.人づくり革命! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 好文 読書 修養

2018/4/15  23:45

輝ける碧き空の下で(北杜夫著)」を読み終えて  読書人(4.23は本の日)
 これも電子図書のおかげです。
 これまでは長編小説を買うとすぐに部屋がいっぱいになってしまい、読むことができませんでした。
 電子図書のおかげでスペースがいらなくなり、北杜夫さんの「楡家の人びと」と並ぶ長編小説、「輝ける碧き空の下で」を読むことができました。
 ブラジル移民について書いた小説ですが、石川達三さんの「蒼氓」といい、なぜかブラジルのイメージは青なのですね。
 「楡家の人びと」といえば、今の朝ドラマの「半分、青い」の家の姓が楡野で・・・たしかに岐阜県や長野県は豊かな森に誇りを持っていますが、何かおかしくなってしまいました。
 北杜夫さん得意のトーマス・マンの「ブッテンブローク家の人々」の影響を受けた、「ある一家の記録」がオムニバス式に出てきて、ブラジル移民の全体像を描いていくような作品です。

 こういう長編小説は感想を書くのに時間がかかりますが、この2018年4月15日(日)に読み終えたということを、書いておきたくなりました。

 この小説は最初を読んでなかなか読みませんでした。
 移民に行ったきり故郷に帰れないというのが、転勤したきり帰れない私のようで、なかなか読めなかったのです。
 4月になり帰れなかったので、かえって一気に読んでしまいました。

 それにしても何というバッドエンドだろう、大きく失敗し大きく成功することの繰り返し、そして今日系人の多くが成功を収めている。

 今リニューアルのため休館中だそうですが、以前東京都現代美術館で「トロピカリア」という展覧会を見た。
 日系人の中には芸術家や芸術ディレクターとして秀でた人がおり、サンパウロ・ビエンナーレに大きな貢献をした人が少なくないそうです。
 今、移民一世や二世の時代から長い時代がたっていますが、いつまでも日本文化を大切にしていただきたいですね。

 読み終えた感覚が、まるでブラジルの密林を開拓し大きな農園を開けたような感じで、何とも言えない爽快感がありました。

 読み終えて本当によかったし、うれしいです。

(JORNAL ニッケイ新聞 作家・北杜夫さんと独占インタビュー=ブラジル日本移民を書いた長編小説『輝ける碧き空の下で』=2回訪伯=日系人と心温まる交流=訪伯時のエピソードきく 2007年6月27日)
http://www.nikkeyshimbun.jp/2007/070627-75imin-tokusyu.html

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.人づくり革命! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 好文 読書 修養

2018/1/21  1:40

「努力しても虚しい」と考えていたのは高校時代だけ・・・  読書人(4.23は本の日)
 私は中学時代までは、「クラスで1番ではなくても成績上位をとる」という考え方で勉強していた。
 しかし高校に入り、「どんなに努力をしても必ず上がいる、無理に努力をしても虚しいのではないか?」と考えるようになった。
 一つの理由は、一流大学を目ざすという目標がなかったからだ。
 血眼になって成績上位をとっても、得られるものがまったくなかった。

 実際高校で試験範囲なんか調べたことなかったし、人から聞いても意識して勉強しなかった。
 出るところをたまたま覚えていれば答案に書く感じだった。

 追試を受けたり補習をしたりもしたが、一応成績は中位だった。

 しかし十位以内で入っていたにしてはやる気がないことは誰の眼からも明らかで、まず追試になったことを叱られ、中学時代の成績を言われさらに怒られていた。

 横浜日野高校は悪い高校ではない、学区内で入った後輩に聞けば「あこがれの進学校」と言っていた。
 それを聞いてそう思えない自分が悲しかった。

 高校時代に論語を読んでいて、「自己修養のために学問をする」という考え方を知り、それまでのよい成績をめざして勉強するという考え方から、修養の考え方へと変わっていった。

 このブログにしても、ブログの記事を書くのに勉強しないといけないので、修養の考え方がある。

 そしてそして高校生の時に、「実学思想の系譜」(源了圓 講談社学術文庫)を読んだ。
 この本で実学とは「実用の学問」の意味ではなく、もともとは「真実の学問」の意味があり、学者が他派を批判するにあたり「自らの学問こそ真実の学問である」という意味であったことを知った。
 その中には支那人で書斎の学問を批判し、読書とは意味がない毒薬であり経験を積むことに価値があるという考え方をした人もいたことを知った。

 そして大学生になり、ゆっくり本を読み返していると、「学問は真理のためにする」という考え方が書いてあった。

 それはある思想家の考え方であったが、源了圓先生そのものの思想であることを感じた。
 そして大学ではその考え方で勉強をした。

 学問は順位をめざすものではなく、自己修養のために行うという考え方が中学時代からあってもよかった。

 その考え方を中学時代からとっていれば、高校時代にやる気をなくさないですんだのかもしれない。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 学道 好文 読書


AutoPage最新お知らせ