X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLダイアリーで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に首都機能移転を♪ / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化発展。X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (来々2026年)札幌五輪。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「環境都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成30年標語)「今日の汗 明日の笑顔の 架け橋に」X
X(人間開発は基礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/9/30  13:54

時津風親方は時太山を介抱も搬送もせず見殺しにした!  心気体(フィットネス)
 本日のAOLコムの記事によりますと、時津風親方は時太山が死ぬ直前に暴行していた弟子達を遠ざけ二人きりになりましたが、介抱もせず、搬送も指示せずも見殺しにしていたことが関係者の話しから明らかになったということです。

 今のところ傷害致死が容疑事項だそうですが、状況から考えて「死ぬかもしれない」と思ってやったのであれば、殺人罪に切り替わる可能性もあるかもしれません。

 時津風親方は典型的な茶坊主タイプの人間のようです。上や自分より強そうな人間にはやたらに謙虚で腰が低いのですが、自分の目下の人間や弱い人には異常に居丈高になり暴力をふるうタイプの人間のようです。捜査や関係者への話でも、「昔からそうだった」とか言ってやたらに居直って居丈高で、反省の態度は一切見られないということです。

 実は昔の相撲部屋は、よほど豊かな部屋でないと自分の稽古場を持っていないことが多く、回向院の共同稽古場に行って稽古をしており、天下の横綱もそこで稽古をしていたそうです。中には庭で稽古をしていた部屋もあったということです。公開の場であれば厳しさにも限度があるというものです。

 「稽古場は聖域」という意見がありますが、治外法権であるわけではありません。
 昔の軍隊でもシゴキはあり、それは駐屯地に一般市民を立ち入り禁止にしてからひどくなったということです。それが日本の軍隊を異常にした原因とも言われるのです。
 私自身も少年時代やこれまでの人生でいろいろな経験や見聞があり、この記事を書いているわけですが、頭を殴るということは論外です。

 栃東関が頭痛で引退を決意したように、力士も人間であり頭は重要なところなのです。

 力道山がビール瓶で頭を殴ったのに、相手が不思議と痛そうでないので驚かれた逸話がありますが、あれは武道の極意に達した名人や達人であればこそできる芸当です。素人や三流親方が真似をすべきことではありません。

 先日も書いたように「厳(いつく)しむ」というのは難しいことなのです。今回の事件はただのサディズムであり、サディスト殺人であって「厳(いつく)しむ」こととはほど遠いのです。

 そもそも今の日本人に、「厳(いつく)しむ」ことができる人はほとんどおりません。
 
 相撲には有職故実による礼法はありますが、稽古方法に有職故実があるわけではありません。これまでは日本チャンピオンを育てる手法でよかったわけですが、今後は世界チャンピオンを育てる世界になるのであれば、ボクシングのエディ・タウンゼントさんに学んだ新たな合理的な稽古方法をきちんと考えていくべきだと思います。

 「稽古革命」ですね!
 見殺しにするとは論外のことだと思います。
 殺人者を野放しすることも論外です。
0

2007/9/29  16:20

ミャンマー軍は対応を誤った!  進歩主義(progressivism)
 今回は日本人ジャーナリスト長井健司さんが、ヤンゴンでミャンマー軍に銃撃され死亡したことで、日本は一気にミャンマーへの態度を硬化させました。

 ミャンマーは現在アフガニスタンに次ぐ世界第二位のアヘン生産国であり、今もってそれを資金源にしていると推定される少数民族や匪賊と内戦中です。中国も最近は豊かになり国内の麻薬使用量が増え問題となっております。そのため軍政はいたしかたのないことだと考えていたのですが、最近の軍部の腐敗はかなりひどいらしく、ネピドーに都を移しヤンゴン市民から遠く離れて民衆を甘く見たのでしょう。一気に国民の支持を失う武力鎮圧に乗り出してしまいました。

 アウンサン・スーチーさんもあまりに理想主義的すぎるのですが、王家の家柄がイギリスに連れられ行方不明になってしまったミャンマーにおいて、アウンサン将軍家は王家に近い権威を持っているようです。

 実務をやらなければ国の象徴としてアウンサン将軍家は申し分ないのです。ですが国軍にかわる政党の受け皿がミャンマーにはありません。

 最近ミャンマーは中国への接近を強めていると言われます。ミャンマーをかつてのカンボジアや混乱の続くネパールのようにしてはなりません。ネパール共産党毛沢東派は、私に言わせれば新しいポル・ポト派にしか見えないのです。ですがネパールやミャンマーの貧困はきわめて深刻です。私はそのためにこそインドシナのタイにクラ運河を作り、ヨーロッパのキール運河のようにすればよいと考えているのですがいまだに実現しません。

 ミャンマーはチベット系の国で、チベットも鎖国主義的なのですが、ミャンマーも鎖国主義的です。

 軍政側が腐敗し、もはやネピドーで機能していないのであれば、政党を中心とする無血革命がおこる可能性もあると思います。

 日本人が殺され、それが政治的に不偏不党のジャーナリストであれば、日本としても残念ですが厳しい対応は是非もないこととなりました。

 
0

2007/9/29  15:04

相撲・・・国技取り消しの危機・・・素早い対応を!  心気体(フィットネス)
 今gooを見ていたのですが、昨日の文部科学省からの指導は想像以上に厳しい対応だったようです。

(1)警察の捜査と並行して真相を究明すること
(2)(1)の結果を踏まえ、関係者に必要な処分を行うとともに、必要な措置を講ずること
(3)再発防止策を検討すること
(4)過去の類似事例の検証を行うこと
(5)「力士の指導に関する検討委員会」に有識者など外部の者を加えること。

 の五条件をつきつけられ、誠実に対応しない場合は財団法人の認可取り消しの可能性が
あることをつきつけられたということです。
 この期に及んで北の湖理事長は、「来週になったら理事と協議する」と答えただけで、いまだ事の重大性が呑み込めていないようです。

 事務方が言うのではなく、渡海紀三朗文部科学大臣と松浪健四郎副大臣直々に伝えたということは、国は超本気だということだということです。野党も激怒しているはずです。

 松浪副大臣は朝青龍関の無二の親友であり、あの事件が捏造であることをよくわかっており、怒りをぶつけていましたが相撲協会の理事達は聞く耳を持ちませんでした。
 
 今回も「松浪副大臣の私怨」と考えたら大間違いです。私のブログのアクセス数を見てください!今日ついにAOLブログランキング41位に登場してしまいました。娯楽性の薄い私の「変人ブログ」では考えられない数字です。

 それだけ国民が激怒していると共に、相撲協会の対応の遅さに「あきれ気分」が蔓延していると思います。

 相撲協会の安易な経営で、モンゴルとの外交関係を悪化させただけでなく、世界中に日本の鎖国文化を大発信してしまったのです。

 北の湖理事長は現役時代、初代大関増位山の大阪弁の三保ヶ関親方のもと、相撲に専心することができました。自分の父親と育ての親の三保ヶ関親方を同時に失ったとき、親方の葬儀を優先するほど慕っていました。今は自分が先代三保ヶ関親方の役割を果たさなければならないのです。

 北の湖理事長は引退しても本来のよいところが表に出ず、負けず嫌いのせいか育ち盛りの力士に冷たいことばをつい浴びせてしまう悪い癖があります。それに側近に問題のある人を置きすぎです。弟弟子の大関北天佑はあの世に旅立ってしまいましたが、外国人とはいえ関取を残してくれて理事長の面子を守っております。二代目増位山の三保ヶ関親方も健在です。高砂親方もいます。まだ若いですが佐渡ヶ嶽親方の元関脇琴ノ若もおります。元理事長の前出羽海親方も前時津風親方も様子はわかりませんが健在です。前時津風親方は、現親方の陰日向あるところを見抜けなかった不明はありますが、角界きっての良識人で知られます。一時的に時津風親方に戻ってもらうしかないと思います。

 理事長は現役時代「勝負に負けるのが嫌いだ!」と言っていましたが、今こそ人生最大の勝負なのです。権力闘争の勝負ではなく「国技の権威を守る」勝負なのです。良識ある親方の意見を聞き、今度こそ道を誤らないように心よりお願いしたいと思います。

 とにかく素早い行動を!自分の良心に照らした素直な行動をとってほしいと思います。
0

2007/9/29  11:42

鬼畜集団の時津風部屋!  心気体(フィットネス)
 いろいろな記事を読んでおりまして、一番印象に残ったのは「鬼畜」ということばでした。どうも今現在公表されていること以外にも、各種残虐な暴行があったようです。

 もはや双葉山や豊山の時代の時津風部屋ではありません。相撲部屋の看板を掲げているだけの鬼畜集団なのです。下っ端力士が暴行を行ったといいますが、時太山も頻繁に脱走を試みたことを考えると、関取衆を含めた暴行が日常的にあったとしか考えようがないのです。

 私は逃亡や証拠隠滅、また談合や後援者を使った捜査妨害を防ぐため、金曜日には逮捕されると考えておりました。しかし文部科学省からの指導があっただけで、いまだに金属バットを用いた弟子一人に責任を負わせ、時津風親方と関取衆は逃げ切ろうとしているように見えます。先代元大関豊山の時津風親方は、同郷の田中角栄元首相も後援者についていた新潟県とは縁の深い部屋です。時太山の両親も安心してあずけていたと思います。

 二代目元小結豊山(湊親方 新潟県出身)もいたのに、なぜあのような陰湿きわまりない陰日向(かげひなた)ある男に後を継がせたのかさっぱりわかりません。

 両親に遺体を見せないよう事前に火葬にし証拠隠滅をはかろうとしたり、おそらく病院も脅迫していると思います。事件性のない死亡診断書を書かせたのだと思います。
 また今日新たに、弟子に口止めと口裏あわせをしていたことも明らかになりました。
 そのような男であれば、娑婆(しゃば)に置けば何をするかわかりません。早急に逮捕し何もできないようにするべきです。そのような男であれば余罪もありそうな気がするので、本当に早急に逮捕し絶対逃してはなりません。

 言動から見て反省のかけらもないのですから・・・

 愛知県警が逮捕したくても、裁判所が逮捕状を出さなければ逮捕できません。
 愛知県警最後の粘りの捜査と、裁判所の英断を期待したいと思います。


 ところでこの件で、かねてから噂もあった「朝青龍関疑惑はこの事件を隠すために大きくしたのではないか?」という噂に、信憑性が出てきました。

 レントゲン写真は病院のものなので、よほどのことがなければ公開しません。スポーツ選手の場合は引退するか亡くなった後でないとまず公開しません。

 実は四日市社会保険病院はあまりに大騒ぎになったので、女性誌などではとりあげたそうですが会見を開き、森下浩一郎医師も女性誌の取材にこたえ、やはり悪い状態で相撲を名古屋場所をとっていたので遊びぐらいのサッカーならはできる状態とのことですが、一方で病院は会見で、左肘に関しては本来手術が必要な状態であるということを述べており、それを見ての「全治六週間」ということで、北の湖理事長もそれは把握しているということです。

 ですのでモンゴルの伝統医療とモンゴル人医師による治療は受けましたが、日本帰国後左肘の経過がよくなければ手術をする可能性もまだあるのです。
 治療が騒ぎで遅れたので、やはり初場所でないと間に合わないようです。
 私は酷使による痛みだと考えていたのですが、手術が必要ということは、野球投手の関節の骨が分離するいわゆる「ねずみ」がある状態なのかもしれません。

 腰のレントゲン写真については、朝青龍関とファンとの信頼関係もあるので、朝青龍関帰国後の記者会見にあわせ、どこか?日本医師会でしょうか?から了解を得て、朝青龍関も了解すれば、腰の部分にかぎり公開し、森下医師の名誉をはらす必要もあるかもしれません。ですが左肘の治療を続ければ、疑惑もなくなっていく可能性もあり、私も何とも言えません。医療的な高度な判断なので、森下医師におまかせしたいと思います。

 話は戻りますが、時津風部屋の鬼畜ぶりは目に余るものであり、双葉山道場の昔に戻さなければなりません。時津風一門は湊部屋などもまだ健在なので復興できます。先代元大関豊山の時津風親方も健在です。絶対双葉山道場の伝統は復活できます!

 朝青龍関のお目付け役だった一門の長老、元関脇藤ノ川の伊勢ノ海親方も、朝青龍関を追及していたときの元気はどこえやらです。「時津風親方から話は聞いていた」と言っていましたが、なぜ新聞に書かれる前に問題にしなかったのでしょうか?年長者として尊敬されたいのであれば、それにふさわしい徳のある君子の行動を見せてほしいと思います。

 愛知県警と裁判所頑張れ!気魄で押し切れ!今回は朝日新聞水曜日朝刊からはじまりました。「よくやった!!!」と思います。
0

2007/9/29  9:56

バラク・オバマ氏は米南部の壁を破れるか?  進歩主義(progressivism)
 今のところ予想どおりというところですが、米大統領指名選挙民主党候補者として、ヒラリー・クリントンが優勢のようです。

 夫ビル・クリントンが大統領として成功したということもあり、「ブッシュ家の男性のあとはクリントン家の女性で」という雰囲気のようです。
 共和党側は保守強硬派のトンプソン氏が有力候補として踊りでようとしております。私はジュリアーニ氏だと思いますが、共和党は南部の貧しい家庭からはいあがってきたビルに対し、比較的裕福な中産階級出身の中西部シカゴ出身で、本来は南部に基盤がなく、夫と違い性格がきつく敵も多いヒラリー夫人は、いくらエネルギーに満ち溢れ、紅毛を金髪に染めても、少しずつ悪いところがクローズアップされてきて有利と考えているようです。むしろ未知数のオバマ氏を不気味に感じているようです。

 ヒラリー夫人有利の要因は、やはりオバマ氏が黒人であり、特に保守的な南部で共和党の白人候補に勝てないのではないか?それよりも夫の余光で南部に強いヒラリー夫人がやはり有利ではないか?という民主党のボス達の計算があると思います。

 しかし黒人やヒスパニック系が大統領をめざすとすれば、それは大きな未来への挑戦であり、少なくとも今再び世界に広がりつつある人種主義を抑えることができます。将来日系人大統領が誕生するようなこともあるかもしれません。

 オバマ氏はエリートであるため、黒人に人気がないとオーマイニュースに書かれていたことがありましたが、それはどうでしょうか?日本以外のアジアではアメリカ以上に黒人差別が強く、特に韓国や東南アジアで強いことで知られます。

 湾岸戦争では黒人のコリン・パウエルが指導しアメリカに勝利をもたらしました。今はコンドリーザ・ライス国務長官が細い体でアメリカを守っております。

 黒人で優秀な人は鷹揚な性格な方が多く、多民族国家アメリカにあっているのではないか?と思います。

 ここでアメリカ南部が「黒人は大統領にできない」と言い出せば、南部は公民権闘争時代から何一つ進歩がないことを世界に示すことになります。

 オバマ氏が米南部の壁を破れるか否かが、アメリカが白人至上主義ではない真に進歩した国であるのか?テロとの戦争が大統領選までに終わるかもしれませんが、それが真のテロとの戦争であり十字軍ではないのか?アメリカが世界から問われる大きな試金石だと思います。ともあれ黒人が大統領に挑戦することは大いなる歴史の進歩です。結果はどうあれベストを尽くしてほしいと思います。

 黒人王というのも悪くないのではないでしょうか?

 関係ありませんが、同じくマイノリティのペルー元大統領藤森アルベルトに無罪判決を!

 (10/25(木)加筆修正)
0


AutoPage最新お知らせ