:250%;line-height:110%">

2016/6/30

夏越の大祓  つれづれ日記


 『水無月の夏越の祓いする人は ちとせの命のぶというなり』

平塚八幡宮に今年後半の無病息災を祈願して茅の輪くぐりをしてきました。 
半年に1度の大祓に半年間のケガレを祓い、残りの半年間を無事に過ごせますようにお祈りをしました。
 茅(かや)で作った茅の輪をくぐり、ケガレを祓います。輪をくぐって左に回り、次は右回り。最後にもう1度左に回って境内に入ります。茅の輪の茅を1本引き抜き、輪を作って持ち帰ると、夏の災厄を避けられるそうです。 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/29

雨上がり  つれづれ日記

 午前は霧雨が、今日は梅雨寒の一日でした。午後庭をぶらぶら・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/28

ヤブカンゾウが咲きました  


 昨夜から早朝にかけ強い雨が降りました。今朝は時々降る雨の中、庭のヤブカンゾウが咲いていました。
 昭和40年くらい前まで、6月半ば田植えの終わった田んぼの畔など湿ったところにオレンジ色の大きい一重の花を咲かせる野カンゾウや、八重のヤブカンゾウをよく見たが最近は殆ど見かけなくなりました。
 豊田にノカンゾウ、ヤブカンゾウが少なくなった理由に、農耕用道路の整備や農業用排水路が三面側溝になったのが原因と思われます。

 7月の豊田健歩会は26日、上信越高原国立公園の中心地・志賀高原の北側標高1,500メートルのブナ林・癒しの空間・カヤの平高原を歩きます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/21

夏至  


 今日は「夏至」一年の中で最も昼間が長く夜の短い日、日の出・日没も方角が最も北寄りになる時季です。暦の上では夏にあたりますが、実際には梅雨でうっとうしく、長い昼の実感を味わえません。 

 昨日花菜ガーテンに行ってきました。フラワーゾーンでは春のバラをはじめ、アジサイ・クレマチス・サルビア・ヘメロカリス・ユリ・ムクゲ・スイレンなど見ることが出来ました。


アグリゾーン田んぼたんぼと「アジサイ」

クリックすると元のサイズで表示します

百日紅の根元に「ヘメロカリス」とまだ青い「ホウキクサ」

クリックすると元のサイズで表示します

春告げの小道を歩くと「ユリ」が迎えてくれた

クリックすると元のサイズで表示します

「温帯スイレン」が咲き始めた、尾根見の池

クリックすると元のサイズで表示します

春のバラが咲く「モダンローズ」

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/16

6月の健歩会  ウォーキング

 6月の健歩会は13日でしたが、雨のため15日に延期「大和ふれあいの森から泉の森へ」を歩きました。
 大和駅を出ると、相鉄線の上にあるプロムナードを歩く。両側に湧水を利用した人工の流れがあり、散歩道になっていた。道はそのまま「ふれあいの森から泉の森」に通じる。
 ふれあい広場は故郷の川を復元し魚や鳥と一緒に水が親しめるのが目的。川口が藤沢にある引地川の名は以前から知っていたが水源地がここであることを初めて知った。
 6月の花、ハナショウブとアジサイを鑑賞することが出来ました。「自然観察センターしらかしのいえ」にて昼食。参加者11名。


 大和市の泉の森は市街地にあり、面積42haの大部分が水源滋養林で、県の天然記念林であるシラカシの林を始め、コナラ、クヌギ、エゴノキなどがうっそうと茂り、森林浴も楽しめる。
公園の中心には、水源からの流れを利用した「しらかしの池」がある。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/10

アカンサス  つれづれ日記


 梅雨の中休み朝から暑い、午前中は定例のグランドゴルフ大会、8番ホールで今年2度目のホールインワンを記録しました。午後害虫駆除のため薬剤散布をする(庭には水生植物など多いため蚊が多く定期的に行います)。

 大型の宿根草アカンサス・スピノサスが満開になりました。イングリッシュガーデンの伝統的な雰囲気があるアカンサスは存在感のある好きな植物です。
 葉の大きさは1メートルにも達し花の茎は1.5メートル、栽培面積を要します。
 大きく切れ込んだ艶やかな葉が、古代ギリシャの建築に使われたコリント様式、柱の頭の部分がこのアカンサスの文様から出来たといわれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/8

ホタルブクロ  


 6月6日は「芒種」稲などの穀物の種をまく時期という意味で、田植えの目安とされています。
 5月半ばから稲の早植がはじまり、遅植えの田んぼにも水が引き込まれました。豊田の田んぼはすっかり青田になり、夕方になると蛙もゲロゲロにぎやかです。
 ホタルブクロの花期は6月から7月ですが、今では農道の畦に咲くホタルブクロを見つけることが困難になりました。用水路も畦畔もコンクリートになり雑草も生える余地がなくなったからです。 

梅雨の晴れ間に、庭の「ヤマホタルブクロ」を撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/7

岩タバコ  つれづれ日記

 鎌倉は年に何度かハイキングを楽しんでおりますが、この季節は特に雨に一段と映えるアジサイと岩タバコが大好きです。
 成就院の、音もなく煙るような雨の日蔭道で、崖に一面生えて咲いていた岩タバコを見たときの感激は今でも忘れません。

山野草棚の「岩タバコ」白色は終わり、白と桃色の絞りが間もなく咲きそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/6

姫沙羅の花が咲きました  つれづれ日記

 梅が実る頃だからその名が付けられた「入梅」。つゆも「梅雨」と書きます。3日前に収穫した青梅で梅干しを5kg、梅酒はブランデーと果実酒用日本酒でつくりました。

 何故かこの季節「ヒメシャラ」を見ると思い出されるのが、2009年5月、豊田健歩会の仲間12人で屋久島白谷雲水峡を歩いたことです。みどりの森の中、梢も見えない「姫沙羅」の芽吹き、目線の太さは優に1M以上と思われる老大木が無数に怪物のように覆いかぶさっていたことを思い出します。

 20年くらい前、箱根仙石原にお住まいだった「押し花絵」の伊藤先生に頂いた「ヒメシャラ」が今年も咲きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2016/6/5

タチアオイ  

 きょうは関東甲信地方で、平年より3日早い梅雨入りの発表がありました。
 入梅の頃咲く花、タチアオイはアオイ科の植物、その種をいただいて4年になりました。5月22日に一輪咲き始め、今は見事に咲いています。
 タネを頂いた小沼さんは種苗会社より10種類の苗を購入し地植えにしてありました。

畑に植えたタチアオイが80株以上ありますが、自然交雑し八重や一重、色も微妙に変化しています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ