:250%;line-height:110%">

2013/8/25

鈴川のアオサギ  つれづれ日記

 暫らくぶりに海側に向かい右岸を30分ほど歩きました。河川敷は雑草に覆われ殆ど流れも見えない状態。
 今日は他にゴイサギ・マガモを見る。先日見た休耕田のアオサギとは大分ちがっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/23

休耕田の野鳥  つれづれ日記

今日は二十四節気の「処暑」です。残暑もおさまり朝晩は秋の気配が漂い始める頃。という意味ですが、今年は果たしてどうなるでしょうか。午後のひと時久しぶりに雷鳴を聴きましたが、待望の雨はほこり湿し程度でした。
 北豊田の大排水路近くの休耕田を歩きました。手入れの行き届いた休耕田に冬には見られない哀れな羽のアオサギを見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

畔にカルガモが何故か1羽だけ?
クリックすると元のサイズで表示します

警戒心の強い旅鳥のケリが今年も来ています。
クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/22

タマシギ  つれづれ日記

 午後4時過ぎ、どうしても「タマシギ」に会いたくて休耕田に再び行きました。
 顔ぶれは変わったが相変わらず鳥撮りの仲間が7人・・雑談。一人が昨日は5時33分に出てきた、と言ったとたん「タマシギ」の雄がが5分くらい・・いや6分位現れました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/22

タマシギを撮る人たち  つれづれ日記


 今日も早朝から18人もカメラマンが集まっていました。目的は時々現れる「タマシギ」を撮ろうとする人たち。北豊田の休耕田にタマシギがいることを最初に探した人はどんな人だろう?
 集まってくる車も地元の湘南をはじめ相模・横浜・品川まであった。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/21

ミンミンゼミ  つれづれ日記

 夜、愛犬を連れて1時間ほど歩きました。今夜は満月です。お月様を見ながら涼しい夜風にふれ、しばし秋の夜を満喫しました。
 虫たちの合唱にも、昼間の暑さを忘れさすように秋の気配を感じるようになりました。

夕方うす暗くなるまで、ミンミンゼミが鳴いています

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/15

小さな秋  つれづれ日記


 七十二候は立秋次候で「寒蝉鳴く(ひぐらしなく)」に変わりました。
 今日も朝から息詰まるような暑さ、・・・今朝は旅鳥の「タマシギ」を撮影のため近くの農道に10数台の車が止まっている、・・・と知らせてくれた人がいました。こう暑くてはカメラを担いで出掛ける気分にはなれません。
 
 サルビア・ガラティニカがブルーの花を開き始め、この夏初めて「スカシバ」を見ました。
 暑い暑いと言っても・・・、今日は「小さな秋」をみつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/8

水浴び  つれづれ日記

 陽暦の8月7日は秋立つ日。8日は涼風至(すずかぜいたる)にかわりました。実際には最も暑い時期ですが、朝夕はなんとはなしに秋の気配を感じられるといいます。
 それにしても今日も暑い一日でした。
 庭のつくばいに、時々親子4羽で現れるヒヨドリを撮影しようと準備をしているときは現れず、4時過ぎ急に現れたので家の中から撮りました。(障害物や距離も15m以上)
 ヒヨドリも暑いのでしょう、かわるがわる水浴びを楽しんでいました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/1

この虫の名は  つれづれ日記

 9日ぶりのブログの更新です。早いもの今日から8月、今年も残す月のほうが少なくなりました。
 今日も湿度の高い一日でした。できるだけ朝夕の涼しい時間帯に畑や庭の草取りをと頑張っています。
 オミナエシは秋の七草の一つですが今が盛りと咲いています。その花には蜂の仲間や蝶の仲間などの昆虫が集まってきます。その中に今まで気が付かなかった?・・・昆虫を数匹みました。

体にオミナエシの“はながら”をつけて花を食べていました。
虫と呼んでいるが、本当の名は知りません。
大きさは8mmくらいの小さな虫です。この虫どんな蝶になるだろう?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ