:250%;line-height:110%">

2009/4/30

小さな花の集まり  つれづれ日記

 ムベの雄花は無数に咲いています。
クリックすると元のサイズで表示します

 ヒメウツギの花はこぼれるように咲きました。
クリックすると元のサイズで表示します

 ヒメライラックも咲いています。
クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/29

緑化まつり  つれづれ日記

 第36回平塚市緑化まつりが4月27日から29日まで「ひらつかの原っぱで」で開催されました。グリーン囲碁広場では、日本棋院 保阪 繭三段が来場し「ファミリー囲碁入門教室」が開かれました。
 木工工作〈小鳥の巣箱づくり〉に今年も参加して、シジュウカラの巣箱を作りました。今年で3回目、庭には3個の巣箱ができました。

ボランティアの指導で、「小鳥の巣箱づくり」に親子で挑戦
クリックすると元のサイズで表示します

「ファミリー囲碁入門教室」風景
クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/27

咲き分けのツツジ  

 通りに面した石垣の隙間に植えたツツジが咲きました。今年は少し白色が多いような気がします。道路を掃除をしていたら見知らぬ人に、「この木は1本ですか」と聞かれた。サツキでは咲き分けを見たことがありますがツツジでは珍しいようです。
 花後は四角に剪定しています。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/26

シラネアオイ  つれづれ日記

 今年は山野草の植え替えの出来なかった鉢が全体の1/3くらい残ってしまいました。それでも美しく咲いています。

山野草の棚
クリックすると元のサイズで表示します

シラネアオイ
クリックすると元のサイズで表示します

シラユキゲシ
クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/25

植物観察会のおもいで  つれづれ日記

 私が山野草に興味を持ったのは、昭和50年代小学校のPTA会長を務めたとき守矢校長の影響があったと思います。先生は平塚が開発により山が削られ自然の緑が消え去ろうとしている時、郷土の植物を標本、写真、スライド等で沢山の記録を残されました。
 また季節ごとに「植物観察会」を行われた。大磯丘陵の北斜面を占める西部丘陵の斜面には多数の高木や低木の植物があり、春秋を彩るラン類のキンラン・ギンラン・エビネ・クマガイソウなど下草の中に豊富に見られました。
 今は、その大部分は大手開発会社により、急減してしまいました。
 雨の降る庭を見ながら、あの時先生と採集した植物のことを懐かしく思い出しています。

ツツジは盛りを過ぎて、十二単衣が今を盛りと咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/24

ジエビネ  

 地海老根は古典園芸植物の一種で園芸品種が非常に多い植物です。同じ種類でも株によって、花型や花色の変化に富んでいます。
 30数年前に平塚の西部丘陵が開発される前に採集した地海老根ですが、花の色と形の違う4種があり、その中に1種だけ花に芳香のある種があります。
 日本のエビネは、地方によって様々な自然交雑種があります。この4種も長い間に自然交雑の繰り返しにより誕生したのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

この4種の一番左の花に芳香があります。クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/23

ムサシアブミ  

 大きな2枚の葉をつけた葉柄はまっすぐ延び、大きな花も垂直に立っている。ムサシアブミは武蔵の国のアブミの型をした花という意味。(アブミとは馬具で乗馬したとき、足をのせるもの)
 ムサシアブミは雌雄異株で栄養状態によって雌雄が決まる。テンナンショウの仲間。

クリックすると元のサイズで表示します

テンナンショウの仲間、「雪餅草」の餅がこんなに大きくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/22

昆虫  つれづれ日記

 夏日、午前は久しぶりに庭で昆虫を追って楽しみました。
 アゲハチョウ科の「ナミアゲハ」「キアゲハ」、丸い体で大きな羽音を響かせて近づいてくると怖くなる「クマバチ」、ハエの仲間「マガリケムシヒキ」やアブの仲間「ホソヒラタアブ」など5月頃から見る昆虫が一気に飛びはじめました。

モッコウバラと「ナミアゲハ」

クリックすると元のサイズで表示します

フジとクマバチ
クリックすると元のサイズで表示します

小型のハエなをとらえて食べていました。ハエ目「マガリケムシヒキ」
クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/21

穀雨  つれづれ日記

 朝から雨が降っています。昨日は二十四節気の穀雨でした。穀物にとって恵みの雨が降るとき、古くからこの時期に合わせて水田の田起こしをし田植えの準備をします。

雨の庭に出ました。
紀子様の紋どころ「モッコウバラ」が重そうに見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

50年前に確認された、地中海沿岸からの帰化植物「ナガミヒナゲシ」は、
農地の雑草化が心配されるほど繁殖力が旺盛です。
でも、雨に濡れた姿はとても美しく見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/20

これ何の花  

 4〜5年前に通販で求めた牡丹「五大州」です。カタログには千重咲きとありました、一重咲きや八重咲は普通使われる言葉ですが千重咲きは珍しいので求めました。
 今年も3個のつぼみが付き今日1輪、純白色の大輪が咲きました。
 花びらの形を見ただけでは何の花か考えますが、
 芯のめしべを見るとやはり牡丹と分かります。
 もちろん木や葉を見ればすぐ分かりますがね。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/19

ライラック  

 ライラックの別名をリラと呼び、フランスで「リラの咲くころ」とは、一番良い気候のことを指すと言います。「さっぽろライラックまつり」が今年も5月20日〜24日、一番良い気候に開催されます。
 友人のMさんが、10年以上前に挿し木で育てた苗木を持参し植えてくれました。この季節になるとMさんと植える場所で悩んだことを思い出します。
 
白花の"はなことば"年若き無邪気さ・青春の喜び
クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/19

春本番  つれづれ日記

 先週あたりから気温が一気に上がり、春を通り越して夏を思わせるような陽気が続いています。
 春に咲く花木の花芽は前年の夏に形成されます。一定期間低温にさらされて、眠りから覚め開花の準備を始めます。そして、春を迎え気温の上昇するに伴って花芽は成長します。気温が高くなる早さに合わせて、花芽の成長も加速されます。
 秋から冬にかけての気温と、今年の春先の気温が平年より高かったのが大きく関係したのでしょう、我が家の花木は平年より6日〜13日前後早く咲きました。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/18

牡丹の花  

 昨年より6日早く、大株の牡丹が満開になりました。
 数年前から枯れ枝が目立つようになり今年は40数輪、最盛期の1/4位の花数になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/16

踊子草  

 今年は昨年より10日も早く「オドリコソウ」が咲き始めました。
 花傘をかぶり浴衣姿で踊る、踊り子さん。その姿を連想して「踊子草」と名が付いたと言います。
 花の色は他に白、ピンクがあります。別名を虚無僧花。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2009/4/15

ユキモチソウ  

 テンナンショウの仲間は日本に25種も自生しているそうです。
 山野草の棚で、鉢植えの「ユキモチソウ」が咲きました。
 サトイモ科テンナンショウ属。

クリックすると元のサイズで表示します

6日、湘南平で撮ったテンナンショウ属の「ウラシマソウ」
花の中央からひも状のものを出す奇妙な花を咲かせていました。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ