:250%;line-height:110%">

2005/11/27

12回目の草野杯  囲碁

 日本棋院の新聞社主催タイトル棋戦の主なものに、名人戦、本因坊戦、十段戦、天元戦、王座戦、棋聖戦などがあります。
 豊石会(豊田囲碁愛好会)には片倉杯、渋谷杯、草野杯それに公民館まつり参加の公民館館長杯の4タイトル戦があり、今日は草野さんを偲んで12回目の大会がありました。参加者には高校生から80歳までの10人が集まりました。優勝は小林さん、私は前回と同じ準優勝でした。
 碁の起源は古代中国といわれています、日本への伝来は奈良朝時代の遣唐使によるものと言われています。正倉院宝物の碁盤は朝鮮半島を経由して渡来したと伝えられています。
 本当に囲碁は奥深く楽しいものです。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/26

大文字草  

 大文字草の変わり種が咲きはじめました。花を見ても「大」の字に見えません。葉は大文字草です。札落ちで名前がわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/24

里の秋  季節

 秋は駆け足で里に下りてきました。小春日和の今日、豊田西部豊寿会の定例会が七国荘でありました。
 七国荘は昭和37年レイクウッドゴルフクラブが建設されたとき協力されたこの地の「善意の人々の為に」と大森正男氏が寄贈されたものです。昭和44年平塚市は七国荘「老人憩いの家」と命名し、市民福祉のため利用されています。

 七国荘名の由来は、平塚市北西部の台地で標高182mの七国峠に近接、その昔、甲斐・駿河・伊豆・相模・安房・上総・武蔵の七つの国が一望できたことによります。

 七国荘に近い愛宕神社から北東方面を撮りました。左端神奈川大学・中央は東海大学、その奥に伊勢原・厚木のビルが見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/15

ゆめクラブ秋の研修  ウォーキング

 14日・15日 市老連の秋の研修旅行に参加して、晩秋の南信州に行ってきました。参加者は全市で700人余、3回に分かれて移動する大研修である。私たちは3号車、39人乗車で7時豊田を出発しました。東名・東富士五湖道・中央道の飯田ICから食事処の酒蔵に12時前に到着しました。
 今日の見学は飯田水引美術館と恵那山山麓の富士見台高原にロープウェイで標高差800mを10分間の空中散歩。ロープウェイから眺める山々は全山が紅葉。言葉では表現できないほど美しかった。
 今夜の宿泊は、“男伊達ならあの木曽川の流れ来る水をせき止めてみよ”と歌われるわが国水力発電の親、福沢桃介の手で、木曽川の水をせきとめた、日本最初の水力発電大井ダムの近く、恵那峡グランドホテルである。
 ホテルを8時30分出発、恵那峡大橋展望台を背景に集合写真を撮るが大橋はガスの中にかすんで見えた。恵那ICから中央道、多治見ICでおり虎渓山永保寺の参拝と名勝庭園見学である。午後は犬山の成田山名古屋別院大聖寺を参拝する。平塚には予定の18時帰着しました。

国宝「観音堂」と夢窓国師作の庭園(正和三年1314年)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/12

EOS 5D セミナー  カメラ

 キヤノンフォトサークルのイベント、EOS5DワークショップFujikunと参加してきました。素晴らしいプロのスタジオ、東京に一つしかないプールのあるスタジオで斉藤清貴先生の指導でモデル撮影を5Dで存分楽しんできました。9時30分受付して終了時間は18時30分。同行のFujikunは本日の講師で選者、斉藤先生に60人中ベスト5に選ばれました。

 撮影終了後のプリント風景
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/10

鳩ノ巣渓谷を歩く  ウォーキング

 11月定例ハイキングは日に日に秋の深まった10日、多摩川上流鳩ノ巣渓谷を歩きました。今回はバスで
参加者は38名。豊田出発07:30、JR青梅線の古里駅に10:00に到着しました。
 10:30準備体操後歩き始める。20分で寸庭橋を渡り右岸へ一度会った渓流と分かれ雲仙橋をめざす、上り下りの道が50分ほど続き雲仙橋を渡って左岸の河原に出た。ここが地名発祥の地である。土地の人が、日当たりの良いのはここだけとの話で昼食とする。
 鳩ノ巣小橋を渡ると奇岩、怪石がいたるところに見られた。白丸湖の、エメラルド色の湖水に赤や黄色の葉が湖面に映り込む素晴らしさを、何度もカメラに収める。白丸湖の上流、数馬峡はゆったりとした渓流、その水面に映える真紅の紅葉を見る。海沢で青梅街道に出る。そこから奥多摩駅までは30分をようし、予定通り14:30バスに乗りました。
 全長8km・所要時間3時間

 鳩ノ巣の由来〔奥多摩ビジターセンター〕
 慶長6年11月江戸全域消失の大火から始まって、明暦の大火(振袖火事)等、江戸263年間だけでも99回の大火が記録されています。
 鳩ノ巣の上流から一本流しで送られてくる江戸市中の復興材の流送の大貯木場で、下流の筏を組む土場とともに飯場小屋が建てられました。たまたま、飯場に祭った水神社の森に2羽の鳩が仲むつまじく巣を営んでいる有様が、働く人々の心を和ませ、いつしか鳩ノ巣飯場と呼ぶようになり、道行く人々の目標とされました。これが地名になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/3

キヤノン大撮影会  カメラ

 キヤノンSタワーを中心に行われたフォトフェスティバル2005「キヤノン大撮影会in品川」にFujikunと「スタジオ・ガーデン撮影コース」に参加してきました。昨年に続き2度目の参加でしたが、今回は参加者が多く受付の遅れから10時の開会式が10分、スタジオ撮影が40分遅れる始末でした。午前はグランドコモンズ・セントラルガーデンで屋外撮影、午後はキヤノンSタワーホールSでスタジオ撮影、昨年と同じ立木義浩先生と藤井秀樹先生。420枚の画像を整理するのに時間がかかりそうです。雨にもあわず一日楽しく勉強をしてきました。

 主催者挨拶のあと、8人の先生と8人のモデルを紹会
クリックすると元のサイズで表示します

 撮影指導をされる立木義浩先生
クリックすると元のサイズで表示します
 アルバム http://walking1y.exblog.jp をご覧ください



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ