2009/9/16

白井圭、山宮るり子が2位入賞 ミュンヘン国際音楽コンクール  ニュース

ミュンヘンのARD音楽コンペティション(ミュンヘン国際音楽コンクール)が、13日までに全部門の審査を完了した。今季は、コントラバス、声楽、ハープ、ヴァイオリンの4部門でコンペティションがおこなわれ、うち2部門で日本人が上位入賞した。

まず10日には、珍しいハープ部門で、山宮るり子が2位に入賞した。音楽専門ではない新潟のミッション系進学校を卒業後、早くも渡欧を決断し、現在はハンブルク演劇音楽大学に在学。日本でも人気のある、ウィーン・フィルの首席ハーピスト、グサヴィエ・ドゥ・メストレに師事している。海外では1人暮らしをされているようで、そのインディペンデントな人間性がまず目を惹く。本選ではグリエールの協奏曲を弾き、高い評価を得たという。なお優勝は、フランスのエマニュエル・セソン。ジュリーは、ハノーファー音大指揮科の教授であるルッツ・ケーラー氏をチェアマンに、山宮の師・メストレや、日本の吉野直子を含む面々となっている。

ハープ部門の開催は頻繁ではないが、そのなかでは、もちろん日本人の上位入賞は初めてとなる。

そして、最後におこなわれたメインのヴァイオリン部門では、白井圭がやはり2位に入賞した。白井はこれまでにも頻繁に転戦しているコンクールの常連組だが、こうしたクラスでのコンペティションで上位入賞の記憶はない。ただし、既にある程度の知名度はあり、臨時編成のアンサンブルや室内楽、ソロなどで幅広く活動を展開していたので、どこかで聴いたことがある人も少なくないはずだ。外国留学経験はないようで、最終学歴は東京藝大卒業。偶然かもしれないが、師事した徳永二男、大谷康子、田中千香士、堀正文などというところをみると、オーケストラへの志向が強いことが窺われる。

白井はさらに、オーディエンス賞を受けている。前回、2005年のコンペティションで岡崎慶輔と山田晃子がダブル受賞したのにつづく快挙で、ヴァイオリン部門では6人目の上位入賞者となった。なお優勝は、おとなり韓国の才媛、パク・ヒェユン(Hyeyoon Park)で、ジュニアでは実績があるようだが、コンクール「業界」では新鋭という感じである。ジュリーは、著書『ヴァイオリンの巨匠たち』が翻訳されている評論家のハラルド・エッゲブレヒトをチェアマンに、インゴルフ・トゥルバン、イダ・ヘンデル、アルテミスQのナタリア・プリシェペンコなどを含む面々であった。

最後に、このコンペティションについてであるが、もちろん、世界最高峰のコンペティションのひとつである。ヴァイオリンとピアノを中心にしているが、開催部門が多彩であることが特徴のひとつだ。今回はハープやコントラバスが珍しいが、ヴィオラ、ヴァイオリン・デュオ、ピアノとチェロのデュオ、バスーン、トロンボーン、弦楽トリオなど、他のコンペティションでは見られない部門が、不定期ながらも開催されている。

また、かつては審査が厳しいコンクールとして知られ、1位が出ることは少ないとされていたが、国際的なコンペティションのショウ・アップの流れには逆らえず、近年はなるべく優勝者を出す方向に舵が切られている。今回も、全部門で1−3位が出されているのも偶然ではない。以前は「最難関」といわれたARDコンペティションの、ひとつの特性は失われたわけだ。

ともあれ、日本人の上位入賞は、この国の音楽の底上げには期待感を抱かせる、特に、ハーピストというと、吉野直子に篠崎母子、現代音楽ならば木村茉莉、若手ではN響の早川りさ子といったところが知られているにすぎないため、ここに新しい駒が加わるかもしれないことは喜ぶべきことだと思う。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ