2007/8/12

イタリア声楽コンコルソ 本選会 8/11  演奏会

イタリア声楽コンコルソの本選会を聴いてきた。今回は、ボローニャ音楽院学長のカルミーネ・カッリージと、カーティア・ロローヴァが、特別招聘審査員として招かれた。また、審査委員長には中川牧三氏が当たるはずだったが、高齢のため、当日のうだるような暑さを心配して、この場には来られなかったとの次第である。

さて、同コンコルソは1980年9月1日以降出生者を対象としたミラノ部門と、1971年9月1日以降出生者を対象としたシエナ部門に分かれる。今回はミラノ部門はやや低調、シエナ部門は実力伯仲で混戦という展開であった。

ミラノ部門では、本選進出の7人のうち、4人に注目した。1番の松下美奈子さんは1983年生まれ、大阪音大出身のソプラノ。「ボエーム」の名アリア<私の名前はミミ>を軽やかに歌って、オープニングを彩った。クリアな発声でミミの魅力を確かに感じさせたが、ベッリーニのアリアでは、曲の難しさを克服できなかった。私の評価では4番手の大穴。やはり、受賞はなし。

4番の上田純子は1981年生まれ、国立音大卒のソプラノ。ヴェルディの「海賊」のアリア<彼はまだ戻ってこない!>と、同じくヴェルディの「群盗」のアリア<私は恥ずべき祝宴から逃れて>を歌い、同じ作曲家ながら、表現力ゆたかに2つのキャラクターを演じ分けた上、確かな技巧を下地にしたドラマティックな歌唱を印象づけた。ただし、同じ作曲家の作品を歌うということは、選考からみればやや不利ではないかと思われたものの、結果からみればソプラノ大賞を授けられた。私の評価では、部門で2番手だった。

6番の岸七美子が、私はもっとも気に入った。1981年生まれ、藝大卒のソプラノ。モーツァルト「コジ」のアリア<岩のように揺るがずに>の歌唱は、安定した基礎に基づいた品のいい歌いぶりで、ちかく二期会でうたった歌手よりも、私はいいと思った。ヴェリズモの歌唱は、現在の持ち味からは遠すぎる選曲だが、思いきった歌唱で悪くはなかった。発声がやや潰れている点が難点であり、好き嫌いのする声かもしれない。私の評価は1番だが、結果としては受賞なし。

7番の芹澤佳通は、ミラノ部門で本選に残った唯一の男声。国立音大出身のテノール。彼が優勝した。ヴェルディ「ルイザ・ミラー」のアリア<穏やかな夜に>と、ドニゼッティ「ルチア」のアリア<わが祖国の墓よ>で、衒いのない、真っすぐな歌唱を聴かせたのが評価されたものとみる。私の評価では3番目。唯一の男声というアドヴァンテージもあった。肉厚な歌声だが、いまのところ基本も甘く、遊びがない。イタリアでじっくり学んでも、ちょっと厳しいのではと見る。大化けに期待したい。

このほか、2番の竹下みず穂が、先行きを期待されるコンテスタントに贈られるイタリア大使杯を受賞。私としては、まったくのノーマーク。ファルセットの使い方がうまいものの、それに頼りすぎた歌唱で、良い歌手に変わっていくためには、基本からやりなおしていく必要がある。

シエナは、高レヴェルで拮抗した有力な歌い手が揃ったが、特に、男声陣の充実が目立った。8番の鐘皓(ゾン・ハオ)が優勝したが、男声5人はどれも魅力的。女声は15番の平川千志保、17番の田邊清美というところが気に入った。受賞こそならなかったが、田邊の歌唱は基本に忠実なすっきりした発声ながら、堅苦しくならず、技巧的にもっとも充実していたことは明白だったが、やや折衷的という感じもする。特に、「トロヴァトーレ」での歌唱は魅力的ではあるものの、自分の声との対話という点では、やや違和感もあった。京都市立芸大といえば谷村由美子と同門だが、同じように清楚な声のソプラノだった。イタリアよりは、ドイツで学んだほうがいいのかもしれない。

受賞者は、どこか新しいイメージを切り開いていく可能性のある人たちが選ばれている。優勝の鐘皓や、金賞の藤原海考は、過去の歌手たちのイメージに捉われることなく、素直に、自分の声をつくっていることが評価された。特に、鐘皓の「セヴィリアの理髪師」のアリア<陰口はそよ風のように>など、この前に来日したスポレート歌劇場の歌い手よりも、ずっと軽やかで、説得力のある演唱だった。受賞後の再演奏では「シモン・ボッカネグラ」のほうを歌い、本人としては正統派を狙う感じだが、ペーザロあたりに行くか、バロックあたりを学んで、ステップアップしていくほうが、彼には向いているような気もする。

ドニゼッティ「愛の妙薬」の名アリア<人知れぬ涙>を歌った2人のテノールの対比は面白かった。片や金賞の藤原、もうひとりは、10番の西岡慎介(こちらは受賞なし)。西岡はイメージとしては正統的な、すこし鼻にかかったネモリーノ声で、いろいろな録音をよく聴きこんで勉強しているのであろう。内向きで突き抜けていくものがないし、高音の伸びが抑えられてしまうが、全体としての歌唱は決して悪くなかった。ロッシーニ<ウィリアム・テル>のアリアも、あふれる叙情性をうまくコントロールして、我々に提示した。だが、藤原のネモリーノが、それを相対化してしまう。彼の発声は、ネモリーノというよりは、藤原自身。これまで聴いたことのないキャラクター像が浮かび上がっており、面白かった。

12番の加藤利幸は、テノール特賞に留まった。どういう順位になるかはともかく、どこかには入るだろうとは思われた。技術的な安定感がピカイチなのだが、そのよさが表現の高みに達するまでにロスがあるようで、歌唱は巧くても、なかなかそれを表現に結びつけられない。

15番の平川千志保は、ヴェルディ「リゴレット」のアリア<慕わしい方の名は>で、シャープな歌唱を聴かせて金賞を受けた。後半の細切れな部分が馬鹿っぽくなってしまうなど、思わぬところで雑になったのが響いたが、「ルチア」の<あたりは沈黙に閉ざされ>も活き活きと歌い上げていたし、持ち前の美声を存分にアピールできたとは思う。歌唱をコントロールする知性の部分で、さらなる研磨に期待したい。

そのほか、谷原めぐみが受賞したが、ノーマークだった。彼女の魅力や可能性は、素人の私にはわからない。全体的に、現時点での完成度というよりは、まだそこを割っていない人の可能性のほうに重きが置かれた選考という印象だ。

17人が歌いおわり、30分くらい巻きで進んでいたはずが、余興の過去の演奏者による演奏披露がおわっても、全然、結果が発表される素振りもなく、当初、結果発表予定の18:30も過ぎてしまう。結局、選考終了から1時間ちかくも経って、受賞者が発表された。これは多分、シエナ部門の実力伯仲による選考の難航によるものと思われる。このコンコルソは大賞が圧倒的に優遇されるため、僅かの差で特賞、金賞などに甘んじた人たちは、可哀想なことになるのだ。そんなこともあって、結果を聞いて、なんとなく釈然としない雰囲気の会場でもあった。

表彰式で、折角の招聘審査員のカルミネ・カッリージさんのお姿が見えないのも、どういうことなのだろうか。講評もなし。審査委員長は暑さで来ない。審査員のマルチェッラ・レアーレは、しきりに時間を気にしている・・・。いかにもイタリアらしいファジーさというべきか。今回、このコンコルソにはじめて来たが、いつも、こんな感じなのであろうか。どこか締まらない表彰式になってしまった。
2



2011/6/26  23:08

投稿者:イタリア声楽コンコルソ

イタリア声楽コンコルソの受賞者はイタリア国立音楽院へ推薦入学できない
−「推薦入学できる」とは主催者の偽りである

主催者発行の参加規程によれば、「シエナ大賞100万円、ミラノ大賞100万円。両大賞の優勝者は、イタリア国立音楽院へ推薦入学することができる。上記の両大賞は、一年以上のイタリア国立音楽院留学資金として贈られるもので、翌年度の留学を辞退したときは、両大賞とも留学資金を受ける資格を失う」。
ところが実際には、イタリアの国立音楽院(conservatorio di musica)の正規課程に、民間団体主催の声楽コンクール受賞者を推薦入学させる制度は存在しない。
イタリア国立音楽院の正規課程では、外国人受験者に対して一律にイタリア語試験を課している。イタリア語試験に合格した受験者だけが、その次の音楽実技試験に進むことができる。イタリア語が不合格ならば実技試験を受けられない。
つまり外国人受験者にとっては、イタリア語試験の受験・合格のあとに必ず実技試験が控えているのであり、この点について例外規則は設けられていない。日本の民間主催コンクールの結果等を、イタリア国立音楽院での実技試験合格と同等と見なすような扱いは、このような入試実施の手順からみてありえないことが分かる。
『山形新聞』(2010年1月29日夕刊記事「つかんだ夢への切符−伊国立音楽院留学へ」)で紹介された受賞者は、現地でイタリア語試験に合格しても、さらに実技試験を受験・合格せねば音楽院に入れず、コンクールの賞金も得られない。コンクールの受賞者がイタリア国立音楽院に「推薦入学できる」などとは、まったくの虚偽だと断定できる。

http://www.nipponitalia.com/

2011/6/9  23:38

投稿者:イタリア声楽コンコルソ受賞者からの告発

コンコルソ主催者が実績書けないのは

看板と中身がまったく違うから

留学資金はイタリアに行ってから後払いの約束だけれど

払われる保証はどこにもない

留学の書類手続きも費用負担も全部とりあえず受賞者の自前で

これがイタリア声楽コンコルソにありがちな「現実」です

http://blog.goo.ne.jp/hisae216/e/4a89907d19e8c958b3288b7d950060af

2011/6/9  23:32

投稿者:牧さん

イタリア声楽コンコルソ
賞金授与実績の不透明

コンコルソ主催者は、過去における受賞(候補)者の氏名と顔写真をホームページに掲載している。

ただし、これら受賞(候補)者の国立音楽院への入学実績や、これまでに授与した賞金額などは一切公表していない。

2011/6/9  23:30

投稿者:牧さん

イタリア声楽コンコルソ
授賞規程の矛盾

コンコルソの受賞(候補)者が前項の参加規程にもとづき賞金獲得を希望する場合には、国立音楽院の入試手続きを済ませ、現地での試験に合格せねばならない。

コンコルソ主催者からの推薦の有無には関係なく、入試に不合格ならば賞金は受け取れない。

さて、参加規程でいうところの「両大賞」が「留学資金」そのものだとすれば、国立音楽院に不合格となった受賞(候補)者は「留学資金(=大賞)を受ける資格を失う」、すなわち「大賞」の授与自体を取り消される結果となる。

この矛盾について、コンコルソの参加規程には何らの説明もなされていない。

2011/6/9  23:28

投稿者:牧さん

イタリア声楽コンコルソ
「イタリア国立音楽院へ推薦入学」の虚偽

主催者発行の参加規程によれば、「シエナ大賞100万円、ミラノ大賞100万円。両大賞の優勝者は、イタリア国立音楽院へ推薦入学することができる。上記の両大賞は、一年以上のイタリア国立音楽院留学資金として贈られるもので、翌年度の留学を辞退したときは、両大賞とも留学資金を受ける資格を失う」。

ところが実際には、イタリアの国立音楽院(conservatorio di musica)の正規課程に、民間団体主催の声楽コンクール受賞者を推薦入学させる制度は存在しない。

つまり、「両大賞の優勝者は、イタリア国立音楽院へ推薦入学することができる」との記述は事実に反するものである。コンコルソ主催者が受賞(候補)者にイタリアでの音楽院入学を保証できる制度上の根拠はない。

2007/10/14  19:50

投稿者:アリス

福井さんも、2回目で大賞でしたね。ここは2ちゃんねるじゃないので、出来レースなどと下らない批判しません。ただ、いろいろなことが重なり、順位づけの傾向もわかりにくかったことから、何となく締まらない表彰になってしまったことだけを、批判的に申し述べております。本来ならば、ぱっと、みんなで送り出してあげるような雰囲気になればよかったなあと、そのように考えました。

私は指導者でもなければ、音楽業界に何の関わりあいもないので、日本のオペラの舞台に、素晴らしい歌手が増えていくことを、素直に願っている愛好家にすぎません。ファンの中には、減点法みたいな聴き方をする人もいますが、私はみなさんのサポーターでありたいと願っております。

匿名女声さまにおかれましても、より一層の研鑽に励まれ、(既に相当の実績をお持ちかもわかりませんが)力強い活躍をなさることができるよう、お祈り申しております。

2007/10/14  19:26

投稿者:花束匿名女声花束

下の部分で本場を本番と誤りすみません。受賞者として申したいのは、イタリア声楽コンコルソは間違いなく出来レースではないことを知って頂きたいんてす。ただ本選前日に外国人の審査員に声を予め聞いてもらいアドバイスを頂くシステムが本選出場者全てにあり、その時によい歌を歌えばポイントが上がる可能性が高いかもです。私はすごい前日から頑張ったんですが、当時の伊の審査員さんに誉めてもらえたので本番で力でました!日本の他のコンクールでは多分このようなシステムはないと思います。その様な過程を経て皆さん本選に挑まれてます。アリスさんが指導者であるかはわかりませんが、何回も挑戦する価値は絶対あると思います。 私は2度目でミラノ大賞でした。今後もぜひ本選会いらしてビシビシご意見お願い致します!

2007/10/14  16:16

投稿者:花束匿名女声花束

アリスさんこんにちは!日伊コンコルソ受賞者演奏会までご覧になられた上の私へのご意見を頂き、ごもっともと言える事を書かれたなと感じました。平川さんの歌は存じあげませんが、なかなか本当に素晴らしい声の持ち主って日本にはいないと思います。技術で勝負というか日本人が外国人に勝るのは緻密さですし、それは勿論大事です。ただイタリア協会は派遣するのはやはり本番で勉強したら生きるマテリアルを求めてるので、私と同じ大賞をとった佐野.中島.福井氏(テノール)はじめ有名な方々が生まれたと思います。声がそこまでいいとは思わない人がたまに金賞や大使杯取りますよね!でもやはり中川先生がただごとじゃない長年の耳で選ぶので、何か秀でた点があるんだと思います。。ご理解下さればうれしいです。受賞者の木下美穂子さんはお会いしたこともあるのですが、人柄が素晴らしく声量もうまさも持ってますよね。ただ私はもっと声に華やかさあるともっと好きです。みんなそれぞれ好みありますね!また来年も結果ブログ楽しみにしています。私も批評されたかったくらいです。

2007/10/12  1:29

投稿者:アリス

コメント、ありがとうございます。あの頃は、日々のニュースで熱射病で倒れられた方のことなど報じられておりましたので、中川先生も外出を控えられたのだと思います。

>イタリアコンコルソは真のオペラ歌手を発掘できるコンクールです

そうあってほしいものと願っております。8月の末には、これは日伊のほうの特典だと思いますが、名曲アリア・コンサートで、平川千志保さんの歌に再び触れましたが、確かに、コンクールのレヴェルの高さを証明する感動的な歌でした。

とは言いながらも、素人考えながら、音程などの基本を抜きにして、「素晴らしい声の質」を論じられるとは思わない点で、お言葉をそのまま頂くのには抵抗感もあります。私は、両方の要素が試される機会があるのは、むしろいいことだと思います。残念なことですが、日本の歌手の場合、その部分が弱いということもいえなくはないと思います。

2007/10/11  10:46

投稿者:クラッカー匿名女声クラッカー

アリスさん、ブログ拝見させて頂きました。私は歴代のミラノ大賞受賞者です。こと細やかなご批評興味もち拝見いたしました。中川先生がいらっしゃらなかったのには驚きました。。イタリアコンコルソは日本音コンみたいにつまんない細かい評価はしません。少しフレーズの最後がクニャッと潰れようが、そんなんで駄目にはならんのです。あくまでも大まちがいさえしなくて、素晴らしい声の質をもつ方が大賞や受賞者となります。そして留学させて頂き飛躍して一流となられてます。他の日本のしょぼいコンクールのような音程どうのみたいな見方で決して評価なさらないで頂きたいです。イタリアコンコルソは真のオペラ歌手を発掘できるコンクールです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ