一冊の本と昏れゆく老いの日々  

お金はないが本棚に本はやまほどある。忙しさにまぎれて読みさしの本、買ったまま積んでいる本も少なくない。今日開いたのは村田喜代子の『雲南の妻』。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ