2016/1/24  18:36

Ariaのカトラリー  home

12月はじめにオーダーしたChristofleのカトラリーがようやく手元に。はるばるFranceからやって来ました。
今回お願いしていたのは5種類。
クリックすると元のサイズで表示します


右から・・・ スタンダードフォーク、スタンダードナイフ、スタンダードスプーン、コーヒースプーン、ケーキフォークの5種類。

柄と本体の間の3本横ラインがたまらなく好き

実際使ってみて初めて、冷たい物は冷たく、温かい物は温かくで口当たりが滑らかという意味が理解出来ました。

次は・・と早くも。スープ用のコンソメスプーン、デザートフォーク、サラダフォーク、バターナイフなんかも揃えたいなぁと思い始めてます(^^;)
0

2015/12/8  19:46

カトラリー  home

久しぶりの・・・どころか1年8ヶ月以上ぶりの更新という(^^;;)
記事をupしているといついつこういうことがあったな、と思い出せていいなぁと思いつつ、忙しさにかまけて放置、来週末・・・と繰り返し今日に至る。


先週金曜日、2015年上期分の賞与をいただきました。
この機会に・・とこれまで適当なセットで使ってきたカトラリーを揃えて新調しようと決心(というほど大げさでもないですが)

せっかくなら・・と横浜そごうにある Christofle を覗いてみたが最後、何とも言えない持った時の感触、重さ、佇まいにステンレスなどもはや見る気も起きずで。困ったものです。
さすがにすべて銀で出来たスターリングシルバーまでは手が出ないので、クリストフシルバーと言われる40umの銀メッキが施されたタイプからシリーズを選択することにしました。

人気があるのは 華やかさもある Marly や 真珠のように周囲を模られた Pearl、月桂樹模様の Malmaisonとのこと。ということで、これらシリーズは常時ストックも日本にあるよう。
それ以外のシリーズになるとフランスにオーダーを出しての取り寄せに。
私が選んだシリーズも取り寄せの一つ、古代エジプト建築の円柱をモチーフにしたといわれる Aria というシリーズです。Malmaisonと最後まで迷ったのですが、フランスから取り寄せる待ち時間も楽しみと考え、最初のインスピレーションに従い決めました。

年明けのお年玉になるかな
0

2014/2/26  20:10

エージェント:ライアン  cinema & drama

『エージェント:ライアン』 2014年 原題;JACK RYAN:SHADOW RECRUIT

cast; Chris Pin, Kevin Costner, Kenneth Branagh, Keira Knightley
staff; Kenneth Branagh(director), Adam Cozad, David Koepp(writers), Lorenzo di Bonaventura, Mace Neufeld, David Barron, Mark Vahradian(producer)
@ 109CINEMAS 川崎



Tom Clancy原作のJack Ryanシリーズ。
この作品自体が原作の一つとして出ている訳ではないけれど、ライアンというキャラクターは踏襲。
現代に置き換えた上で、学生から海兵隊に入り、怪我で除隊してCIAの一員になって、エージェントになっていく過程を、どのように成長し、クリックすると元のサイズで表示しますどんな行動をとってきたかを丁寧に綴っている。
すでに映画では「レッドオクトーバーを追え」から3作、さらに「トータル・フィアーズ」など幾つもあるけれど、小説ではライアンの子供が結果的に分析官になろうとするストーリーまで出てたりもするけれど、それでもこの映画は過去に戻っているにもかかわらず違和感なく、新たな "Jack Ryan" シリーズの始まりとして十分楽しめた。
もう少し展開自体は凝っていても良かったかもしれないけど、新たなシリーズの始まりを綴るという意味で合格点かな。
個人的には次も見たいというか作って欲しい♪


0
タグ: cinema

2014/2/19  21:54

ski jumping  その他sports

何かと今回のski jumpingには泣かされる。
個人戦LargeHillではようやく葛西さんがメダルを獲得。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO66914890W4A210C1000000/
http://number.bunshun.jp/articles/-/787906

そして団体戦。
若い清水礼留飛選手もnormalでは外された悔しさがあり、竹内択選手は今シーズン前半は好調できていたのに、肺炎ということで年末から年始にかけて入院していたから本調子ではなかった(それすら実際は肺炎ではなく、難病指定されている「チャーグ・ストラウス症候群」という難しい病気だった)、伊東大貴選手は膝が本調子でなく、2本目の飛型点ラインを超えたところで耐え切れず座り込んでしまう。そして団体戦にはいろいろ複雑な思いも抱いている葛西選手。
http://number.bunshun.jp/articles/-/788947
こんなの読んでいるとウルウルしてしまう。味のある4人だったんだなぁと。

今日発表されたのは、葛西さんが銀メダルをとった時のウェアがIOCからの要請で五輪博物館に寄贈されることになったとか。まさに"レジェンド"

0

2014/2/8  8:15

相変わらずの協会  volleyball

一昨日突如として発表された全日本チーム監督解任。
初めて外国人監督を採用して、システムとして世界基準から遅れていた分を数年かけて先を見て改善していくのだとばかり思っていた。
ところが・・・

確かに昨年のワールドリーグも負けまくり、グラチャンも負け、世界選手権への出場権も逃し、確かに勝ててはいなかった。でもそれは昨シーズンまで北京以降成長してこなかった(誰のせいだか)ツケなんじゃないのか?
それを短期的目線で、そもそもの全日本選手選択すら協会主導だったのでは? それで結果出せもまた・・
ようやく初めてVリーグを見て、選手を選んで、そこからがスタートだと思っていたのに。

実際選手も、と言っても表立って公に意見を出すのはこっしーくらいだけど。。twitterで最初に流れてたけど、blogにも表立っての批判は抑え目に前向きコメントが。
  こっしーのblog => 『全日本男子バレー、新監督に交代

スポナビにも疑問を呈するコラムが => こちら


どうして日本はゴタゴタする割に目先のことしか考えないのだろう。
いろんなスポーツを見ていると、低迷期があってやり方を見直し、10年スパンで強化を考えて実際に結果を出してきている例を幾つも見ている。
近年で言えばサッカーのドイツ代表。2000年代はじめ、ワールドカップだったかユーロでグループリーグ全敗してジュニア世代からの強化を協会のシステムから見直して全国規模で統一して進めた。
結果・・国内リーグ戦であるBundesligaは繁栄し、A代表も大きい大会で常にベスト4以上に入っている。次のワールドカップも優勝候補の一つ。

バスケットボールで言えば、アルゼンチン代表は10年以上かけて強化をしてオリンピックで優勝した。スペイン代表も同じく10年かけて強化を進めて世界選手権で優勝、オリンピックでも準優勝と続けている。

昨夜Sochi Olympicが開幕した。
毎度のことだけど、メダル偏重報道やスポーツなのに特定のドラマティックな出来事だけを取り上げるやり方も苦手。
結局スポーツというものに対する考え方が遅れているんだろうな。
2020年東京でのOlympic開催が決まった今、メディアもスポーツ報道の在り方を考えてほしい。
0

2014/1/21  20:22

salon du Chocolat 2014  homemade bread/sweets

あるイベントに行くために今日休暇を取りました(といっても12月に臨出した代休だけど)。
毎年この時期に伊勢丹で開かれる Salon du Chocolat
今日はアイカード会員限定で一足早く。

2年前に購入してお気に入り筆頭になったイタリアの "Guido Gobino"、昨年は出店なく泣き だったのだけど、今年復活
ここの gianduja を食べて以来、大のgianduja好きになりました。
他にも PeyranoSilvio Bessone などもgiandujaがあって、どれもイタリア
gianduja以外でも板チョコ系も買うのだけど、これもイタリアが多くて、Salon du Chocolatの大半を占めるフランスはなぜか少ない不思議。

今回の戦利品
クリックすると元のサイズで表示します

左上から時計回りに・・
   neuhaus / Belgium
   Domori / Italy
   Silvio Bessone / Italy
   Patrick Roger / France
   Peyrano / Italy
   Franck Kestener / France
   AMEDEI / Italy
   Guido Gobino / Italy


まだ買い損ねたshopが2,3あって、週末リトライしようかどうしようか悩んでいる人。。
   
0
タグ: sweets

2014/1/21  19:46

整理ダンス  fashion/shopping

ずっと10年以上前に買った、ガタもきている小さいタンスとも言えないような、作りも雑な物を使ってきたものの、いよいよ限界に。

上を見るとキリがないので、最低限のこだわりポイントだけ決めて。
作りがしっかりした、蟻組で箱になった、出来れば桐の引き出し、段の間には板があること、などを条件に幾つか探しました。
クリックすると元のサイズで表示します
今は実家に置いてある着物もいずれ引き取らないといけないことを考えて、桐箪笥も見るのは見たのです。焼桐であれば色目も嫌いではなく。
ただ国産のall桐はやはり高い
1つは買えてもあれもこれもとシリーズで揃えたりまでは出来る訳もなく。
でall桐は却下。

せめても、で引き出しの箱組みは桐を使っていることにはこだわりました。
もっともこの点はそれなりのお値段であれば大半が桐みたいですけどね。


先週末、冬のバーゲン期間でもあり、絞り込んだ箪笥も値下がりしてるかも、と見に行って来たのです。

実際はさほど値下がりはしていなかったものの、うまく細工して下さって・・・20% OFF くらいで買えました\(^o^)/

と言っても注文を出してもらっただけで、実際届くのは2月後半です。
それまでに今ある場所など片づけないと


0

2014/1/12  4:18

最年長優勝  その他sports

11日にAustria Mitterndorfで行われたFIS Jump flyingで41歳の葛西紀明選手が優勝
クリックすると元のサイズで表示します

 『Noriaki Kasai writes history

2本目結果が出る前に(?)明らかに距離も飛んでいて優勝と分かったのか、クリックすると元のサイズで表示します普通であれば同国の選手が出てきたり、2−3位の選手が祝福に出てくるのだけど、今回はあらゆる選手が次々と・・・
Schlierenzauerが真っ先に出てきてくれて、それも帽子を取って祝福してくれたというのがまた嬉しかったな。
Legend葛西、選手からも尊敬されてるのですね。
その2本目のジャンプと祝福の様子のビデオがこちら => ビデオカメラ

もちろん今年のSochi Olympicの日本代表選手にも選ばれてます。
「今シーズンはweightを落として板を短めにしたことがより功を奏している」と以前スカパーの中継で竹内さんがコメントしていた通り、トップ10フィニッシュを続けてたからようやく!でした。


0



AutoPage最新お知らせ