ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

懐かしの・・・

なつかしの「風来のシレン」
今は違うハードで出てるけど、最初はスーファミだったんだよな〜・・・
今の小学生とかってスーファミ知ってんのかな?w

シレンのアイドルは何と言っても「コッパ」!
ハードが変わって主人公の年は変わるのに、まったく年がかわっていないようにしか見えない「コッパ」!
偉そうにしゃべるだけしゃべって、一切手伝わん「コッパ」!!
・・・それでも(だからこそ)アイドルだったぜ!
0
投稿者:ゲーム

ゲームから小説?

闇の書の主は英雄?

と言うノベライズが最近小学生の間で人気沸騰である。

なぜか?

と言うとなぜだろう?


まだ読んだ事無いのでわからないが、
そのうちゲームにもなると話題である。
0
投稿者:ゲーム

PS3にも


ボンバーマンはPS3では出ないのか?

発揮しいってでてほしい。

PS3のソフトにパーティーゲームがないのが不満でいっぱいだ・・・
0
投稿者:ゲーム

ボンバーマン

基本的なシステムは、キャラクターを動かしながら爆弾を配置し、十字(シリーズによっては同心円状に広がるものもある)に広がる爆風を利用して敵を倒していくシンプルなもの。
爆風は火力アイテムを取るたびに1マスずつ広がっていく。
途中に障害物(ブロック、爆破可能ブロック)がある場合、爆風はそこで遮断される。
自キャラ自身も爆風に弱いが、ファイアースーツを取ることで爆風内でも生き延びることができる。
味方(乗り物)としてのキャラクターには「ルーイ」や「ティラ」というキャラクターも登場した。
敵キャラにもバリエーションがあり(悪のボンバーマン、凶悪ボンバー5人衆、ボンバー四天王、テロリン軍団、ヒゲヒゲ団など)、素速いキャラやブロックや爆弾を通過するキャラなどがいる。

元々は8ビットパソコン(PC-8801)用(1983年7月)に作られた『爆弾男』というゲームソフトだったが、ファミリーコンピュータへの移植の際に、皇居にロケット弾が打ち込まれるという事件が発生したため、タイトルをボンバーマン(BOMBER MAN)に改めた。
(「爆弾を仕掛ける人」という意味のbomberは英語では2番目のbは発音せずにボマーのように発音する。
)また、同社が移植を担当したファミコン版『ロードランナー』の主人公ランナー君がかつては悪の手先として働かされたロボット(グラフィックはファミコン版『ロードランナー』の敵キャラのもの)だったという、ロードランナーのスピンオフストーリー的な作品と位置づけられた。

後に、グラフィックをリアルにして、ストーリー性を持たせた「ボンバーキング」という「ボンバーマン」を派生させた作品をファミコン等で出すが、売り上げは芳しくなかった。

PCエンジン版では元祖ボンバーマンをリメイク、マルチタップを使った5人対戦モードは大ヒットし、パーティーゲームとして人気を博し、ハドソンの看板タイトルのひとつとなり、イベント用に10人対戦モードを搭載した「HI-TEN ボンバーマン」も登場した。
これは、かつては渋谷のNHKスタジオパークにも置かれていた。
家庭用ゲーム機では、セガサターン用に発売された『サターンボンバーマン』で10人対戦が可能である(『サターンボンバーマンファイト!!』では不可)。
更に別ジャンルにも進出し、落ちものパズルゲーム『ぱにっくボンバー』も登場した。

また、ボンバーマンから派生した玩具『ビーダマン』シリーズが発売され、漫画やアニメのメディア展開もされた。

ボンバーマンのデフォルトのデザインも少しずつ変化していき、2000年には15周年を記念して新機軸の『ボンバーマンランド』が発売。
2002年にはテレビアニメ『ボンバーマンジェッターズ』がテレビ東京系列で放送された。

女性形のボンバーマンも存在し、額にハートマークをつけた桃色のキャラクターデザインが一般的である。

シンセサイザーを多用したテクノチックなBGMは、2005年10月には音楽CD「ボンバーマン ザ ミュージック」も発売した。

オンラインゲームとしては、ボンバーマンオンラインが長期のベータテストを経て正規サービスを開始している(プレイ自体は無料だが、アバターの装飾用アイテムなどが有料化されている)。
家庭用ゲーム機でのオンラインゲームは、プレイステーション2版の「ネットでボンバーマン」があったが、発売時にPSBB対応のPS2(厚型のSCPH-55000)が店頭で品薄であったこと、プレイに月額料金が必要となること、もともとプレイヤーが少なく、新規のプレイヤーが全く勝てない状況が形成されていたことなどから利用者が伸び悩み、2006年3月末日をもってサービスを終了した。

また同年5月には、サミーより同シリーズを題材としたパチスロ機『ボンバーマンビクトリー』も発売された。
同年8月3日には、それまでのキャラクタデザインを大きく一新させたXbox 360用ソフト『BOMBERMAN Act:Zero』が発売された。


0
投稿者:ゲーム

teacup.ブログ START!

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0
投稿者:teacup.ブログ 運営担当
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 

記事カテゴリ

リンク

  1. 行列ゲーム

  2. ギャンブル倶楽部による恐怖を広めるブログです。

  3. ゲームってどうなったの?

  4. ギャンブル倶楽部による恐怖を広めるブログです。

  5. ゲームをしない奴は即刻滅亡すべき

  6. ギャンブル倶楽部による恐怖を広めるブログです。

  7. ゲームがネットアイドルに

  8. ギャンブル倶楽部による恐怖を広めるブログです。

AutoPage最新お知らせ