3時間短眠法プログラム【神岡裕司】の体験談・感想と口コミ  

[PR]不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法【高田明和】感想・体験談と口コミ・レビュー



>>3時間短眠法プログラムの詳細はこちら



クリックすると元のサイズで表示します



もしかして、あなたは以下のような睡眠をしていませんか?


※1日8時間以上も寝てしまう。

※休みの日はお昼過ぎまで寝てしまっている。

※寝付くまで15分以上かかってしまう。

※寝覚めが悪く、寝起きがスッキリしない。



もしそうなら、あなたは「無駄な睡眠」をしていることになります。



一生の3分の1は睡眠でできています。

1日24時間、平均して8時間寝ると、1日の3分の一は寝ていることになります。

60才まで生きたとして、合計で20年間眠り続けている事と同じだけ睡眠を取っていることになります。


生まれてから大人になるまでの人生の1人分の時間を睡眠に使っているのです。

もったいないと思いませんか?

この睡眠を、3時間にまで減らすことができれば、一章のうちの3分の1だった睡眠が8分の1にまで減少します。

1日の睡眠時間の平均を3時間にすると、60才まで生きたとして、7年半程度になります。

1日8時間寝た人と比べると、12年と半年も得をしたことになります。


12年半も余分に時間があったら何をしますか?



3時間短眠法プログラムを実際に体験した方の感想を紹介します。


------------------------------------------

仕事が忙しく何もできなかった私が
今は誰よりも充実した生活を送って
いると思います!
東京都 今井正道様 29歳

私は現在サラリーマンをしていますが、
毎日が残業で、家に帰るのはいつも23時過ぎ。
当然、自由な時間などありませんでした

しかも、労働時間の割には給料が安かったので、
副業をしたい!とも思いましたが、
当然そんな時間は無く、
家に帰ったら寝るだけ。そしてすぐに出勤。
という毎日を過ごしていました。

なんのための仕事なのか?
自分は仕事をするためだけに生きているのか?
と悩むときもありました・・・。

そんなとき、この短眠法に出会い、早速試してみました。
自分が今まで、いかに無駄な睡眠をしていたかに気付き、
睡眠時間を無理なく3時間に短縮することができました。

今でも毎日家に帰るのは23時過ぎですが、
それでも1日4時間程度の自由な時間をもてるようになりました。


その自由な時間を使って、
趣味の釣りをしたり、読書をしたり、
念願の副業も開始することができました。

さらには気力がみなぎるようになり、仕事も積極的にできるようになりました。

まさか自分が無駄な睡眠をしていて、それを省くだけで
これほどまで自由な気持ちになれるとは思ってもいませんでした。

------------------------------------------

いかがですか?

今井様は29才でこの3時間短眠法プログラムを実践し、これからは、他の人よりたっぷりと時間のある人生をおくることができます。

それは、あなたが3時間短眠法プログラムを実践しても同じ事です。

人生の3分の1を睡眠で過ごすのか、3時間短眠法プログラムで、大量の時間を手に入れるのかは、あなたの自由です。



>>3時間短眠法プログラムの詳細はこちら




[PR]不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法【高田明和】感想・体験談と口コミ・レビュー
[PR]奇跡の不眠解消法【佐藤篤史】の感想・体験談と口コミ・レビュー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ