:250%;line-height:110%">

2017/5/15

箱根山椒バラ  

 平成11年春、丹沢湖に流れ込む世附川の上流、世附峠から不老山の箱根サンショウバラを豊田健歩会の下見もかね、会員の鳥海さん、中島さん、池田さん、そして新藤の4人で行ったことがありました。帰りは駿河小山駅までの県境の尾根道もきつかった事を思い出す。結果は健脚向きで健歩会には無理となりました。

 初夏の頃、大きなピンク色の花が咲く、箱根山椒バラ。葉が「山椒(さんしょう)」に似ていて、花が「薔薇」に似ているからこの名前になったと言われています。

 小田原「さがみ山草会」の伊東さんに頂いたハコネサンショウバラの苗が、今は幹の太さ10p以上にも成長して、今年も優しい花を咲かせています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ