:250%;line-height:110%">

2017/4/21

鬼胡桃の花  

4月の健歩会が雨で中止になり久しぶりの更新です。

二十四節気は4月20日から「穀雨(こくう)」を迎え、5月4日まで続きます。穀雨とは「雨がふって百穀を潤す」といわれ、立春に始まり、穀雨で終わる春。様々な命が吹き返り、桜が散ったその後に、巡るように咲き誇る春の花が一斉に咲き始めました。

今日は、いつも通る道で珍しい花に出会いました。新幹線が鈴川に交差する近くで「鬼クルミ」の花が咲いていました。

新枝の先に真っ赤な雌花が穂になって咲き、雄花は多数の房となって垂れ下がっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ