:250%;line-height:110%">

2018/4/24

ニッコウキスゲが咲きました  


昨年より8日早く、ニッコウキスゲが咲きました。
高原や湿原を代表する花ニッコウキスゲの花期は5月上旬から8月上旬です。
群生すると山吹色の絨毯のようで美しい。花びらは6枚。朝に開花すると夕方にはしぼんでしまう一日花です。
豊田健歩会は2002年と2010年2度、車山・八島ヶ原湿原を歩きました。 
車山スキー場のゲレンデに咲くニッコウキスゲは見事だったが、2010年は散策路沿いでは数えられる程度しか探すことが出来ませんでした。 
(当時、ニッコウキスゲについてビジターセンターでは、昨年の最盛期の1割にも満たない状況。要因は天候不順による成長の遅れと植生の遷移、ニッコウキスゲ自体の生態リズムが要因かと思われる、また、シカの食害による、とも説明した。)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/23

地エビネ  

4月20日〜5月4日は第六節気の「 穀雨 こくう」です。
立春に始まり、穀雨で終わる春。昨日は夏日、今日は春日。明日から今後2週間程度は暖かい空気に覆われて気温の高い日が多い見込み。と気象庁が発表しました。

庭のエビネも昨年より随分早く開花しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/21

モッコウバラ  


秋篠宮眞子様のお印です。つるバラのようですが、このバラには棘がありません。「木香茨」と書きます。

「モッコウバラ」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/20

ツツジ  


4月20日〜4月24日頃 第十六候 葭始生 (あし、はじめてしょうず)   
水辺に葭(あし)が芽を吹き出しはじめ、山の植物、野の植物が緑一色に輝きだす春爛漫の時季です。 
今年は春の花の開花が早く、庭のフジやツツジなどが今盛りと咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

咲き分けのツツジ

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/15

信州桜・さくら巡り その2  ウォーキング

松本城
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

御室桜
クリックすると元のサイズで表示します

北アルプス連峰(車窓より)
クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/14

信州の旅  ウォーキング


『清明』はお花見の季節でもあり、山吹、ひなげし、スイセン、チューリップ、芝桜など寒さをジッと耐え忍んだ花々がその姿を漂わせ、可憐な姿を次から次へと私たちに魅せてくれます。
この季節豊田健歩会は12日・13日、「信州野沢温泉と桜・さくら巡り」の旅を楽しんできました。

小諸城址公園
クリックすると元のサイズで表示します

臥竜公園・竜が池
クリックすると元のサイズで表示します

光前寺しだれ桜
クリックすると元のサイズで表示します

光前寺
クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/11

フジの花が咲きました  


「上田城千本桜まつり」の期間中に合わせた、豊田健歩会の「信州 桜・さくら・巡りハイキング」は、明日12日〜13日。しかし今日の上田城跡公園の桜開花情報では満開後、50%以下の花が散っている状態。
懐古園・善光寺城山公園・松本城も期待が薄そうです。せめて高遠のコヒガンザクラ(遅咲き)に期待しましょう。
今日も春の嵐、下旬に咲く庭のフジ2本が咲きだしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/9

コゴミ  つれづれ日記


もう30年以上も前になるでしょうか、平塚の西部丘陵で採集した「クサソテツ」がサンゴジュの木陰で今年も目を覚ましました。
クサソテツの葉先が前かがみに屈(こご)んだように見える姿に由来して「コゴミ」と言われているようですが、当時は知らずに採取したものです。
今では、フキノトウと同様に春の息吹を楽しんでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/8

イカリ草  

4月5日〜4月19日頃は二十四節気の 清明 です。  
草木の花が咲き初め、 万物が清々しく明るく美しくなるといわれております。
また、燕が南の国から渡って来て、雁が北へ帰っていく頃でもあります。

7・8日は、渋田川の桜まつりが開催されましたが、花のない葉桜まつりは初めてでした。

昨年より14日も早く咲き始めた「イカリ草」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/2

休眠打破  つれづれ日記


気象庁によると、冬の寒さで花の芽が目覚めることを「休眠打破」と言うらしい。先月31日までの30日間の平均気温が各地で平年を2度から3度ほど上回り暖かい日が多かったことから、一気に開花が進んだと言っている。渋田川の桜まつりは満開を過ぎた7日8日に行われます。
豊田健歩会は12〜13日、「桜・桜の一泊のハイキング」を計画しています。行き先は信州・小諸城址・高田城・須田城址・松本城・弘法山古墳・高遠の小彼岸桜。はたして何か所の桜に会えますか。

 リュウキンカは見事に咲きそろいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/3/25

ヤブレガサ  つれづれ日記

3月26日から、七十二候では「桜始開(さくらはじめてひらく)」になります。
桜の花が咲き始める頃となり、いよいよお花見の季節の到来です。
今年は開花が早く、気象庁によると、高知では3月15日に平年より1週間早く桜(ソメイヨシノ)が開花しました。東京でも17日に開花が確認され、平年より9日も早い開花となりました。

この季節、庭の草花が日ごと姿を変えています。今日は「ヤブレガサ」をご覧頂きます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/3/20

花桃が咲きました  


今年もいよいよ桜前線がスタートしましたが、今日は冷たい雨が、一日を通して降りました。毎年「ソメイヨシノ」の開花に合わせたように咲く、「花桃」が咲き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/3/14

菜虫化蝶  つれづれ日記


二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。 
七十二候の3月15日頃 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
青虫が紋白蝶になる頃。「菜虫」は菜を食べる青虫のこと。菜の花が咲いてまさに春本番です。

庭の遅咲きの青軸「枝垂れ梅」と「豊後梅」が見ごろになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

わが家では最も遅咲きの豊後梅です。

クリックすると元のサイズで表示します

2018/3/13

3月の健歩会  ウォーキング

3月の豊田健歩会は京王百草園と高幡不動尊金剛寺に行ってきました。
午前9時、小田急伊勢原から登戸で南武線に乗り換え分倍河原から「京王百草園」にて遅咲きの梅を楽しみました。午後、「高幡不動尊金剛寺」に立ち寄り、多摩モノレールに乗車多摩センター。小田急新百合ヶ丘から伊勢原に午後3時過ぎに帰って来る。参加者13名。歩数は11,400歩。

クリックすると元のサイズで表示します

自然を残す多摩丘陵。その一角に京王百草園があります。園内の見晴らし台から晴天であれば新宿新都心、東京スカイツリーが見えるという、それも楽しみの一つとしていました。
都庁まで約25km東京スカイツリーまでは約35km、肉眼では見えなかったが17mm〜40mmの広角レンズを通して見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2018/3/11

市民交流囲碁大会  囲碁


市民交流囲碁大会が豊田敬愛ホームで開催され豊田地区として参加しました。
「囲碁のまち平塚」の大切な文化、歴史を発展、継承させるため、豊田、金田、岡崎、城島地区の高齢者が交流親善を図るために開催されて、今年で17回目になりました。
落合平塚市長、木谷正道氏をはじめ4地区の各公民館長が出席されました。
成績はA・Bクラス共金田地区が優勝。

木谷正道さんのお話
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ