:250%;line-height:110%">

2017/6/22

姫沙羅が咲きました  


 夏の花、姫シャラが白い5弁花を咲かせました。
 2009年5月、屋久島白谷雲水峡を歩いたとき、梢も見えない姫シャラの老大木が何本も怪物のように、覆いかぶさっていたことを思い出します。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/21

夏至  つれづれ日記


 歯科医院の6ヶ月定期検診の日、医院まで直線にしたら200メートルの距離だが、傘をさしてもびしょ濡れで帰ってきました。ひと時は嵐のような状態でした。
 
 今日は夏至です。二十四節気「夏至(げし)」太陽の恵みに感謝する日とされています。冬至と夏至、春分と秋分の四つの分け目を「二至二分(にしにぶん)」といい、歳時記の中では重要な日です。  

風も弱くなった夕方。八重のドクダミ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/20

ナツハギ  つれづれ日記


 昨日今日と、日差しの強さに梅雨というより真夏を感じさせられた。
庭にはもう「ナツハギ」が咲き始め、初夏の色合いも濃くなり始めました。
 明日は局地的に激しい雨が降ると予報しています。貴重な梅雨晴れの強い日差しの中、先日剪定した梅の枝を一日かけて整理しました。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/19

アカンサス・スピノサス  


この季節庭の一隅に一際目立つ、植物が咲いています。大型の宿根草アカンサス・スピノサスです。イングリッシュガーデンの伝統的な雰囲気のあるアカンサスは好きな植物です。 


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/17

三世代ふれあいグランドゴルフ大会  つれづれ日記


 梅雨晴れ朝から28度、真夏のような青空の下で、第25回三世代ふれあいグランドゴルフ大会が実施されました。
 目的は、児童・生徒の地域参加事業として公民館が主催し、関係する団体が協力して行います。チームの編成は5名、高齢者1名、子ども会の役員1名、主管団体1名、小学生2名。A・Bグループ各8チームの選手80人。みんな汗を拭きながらの競技に真剣でした。
 私は高齢者の部でこれで4度目の優勝と今回2度目のホールインワン賞を頂いた。

 大変楽しくふれあい競技が出来ました。競技を運営された豊田公民館と関係団体のみなさんありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/16

ハタザオキキョウ  

 最近やたらと増殖し庭のあちこちに、紫の花を咲かせているハタザオキキョウ。図鑑で調べたら外来種とわかりました。
 『カンパニュラ・ラプンクロイデスは、ヨーロッパや西シベリアに分布する多年草です。
元来はヨーロッパ原産の植物でしたが、北米に導入されたものが帰化しており、北米では草地や丘陵、道端や線路沿いなどごく普通に見られる野草と化しています。カンパニュラと言えば、イングリッシュガーデンには無くてはならない存在ですが、ラプンクロイデスが日本に渡来したのはブームの遥か前の大正時代です。
 園芸用として親しまれ、ハタザオギキョウ(旗竿桔梗)の和名を持ちます。』

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/15

岩タバコ  

 6月も半ばにさしかかり、今年は梅雨入りしたが、じめじめした梅雨らしい雨がまだ降っていません。ところで梅雨といえば花は紫陽花、動物はアマガエルと言われますが、当地ではアマガエルの鳴くのもあまり聞きません。 
 昨日、鎌倉長谷寺の岩場に岩タバコがあったが、葉も花も萎れ哀れな姿でした。やはり雨不足なのでしょう。

 庭の山野草の棚には白色、桃色、紫、桃色と白色の絞り4鉢があります。絞りを除いた3鉢は今盛りと咲いています。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/14

アジサイの咲く鎌倉散歩  ウォーキング


 鎌倉長谷寺は、観音山の裾野に広がる下境内、その中腹の上境内の二つに境内地が分かれており、境内全域は四季折々の花木に彩られ、通年花の絶えることが無いといいます。
 アジサイの咲く散策路は回遊式庭園でした。参拝者の多くはアジサイ鑑賞のためで散策路入口前での待ち時間が40分には驚かされました。

 豊田健歩会は発足以来毎年、鎌倉は訪れているが紅葉の季節が多く、アジサイの咲くころは記録にないくらいでした。梅雨晴れの一日参加者16名、花散歩を満喫しました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/13

紫陽花  

梅雨入りして一週間たちました。今朝は久しぶり雨音に目を覚ます。
雨だからこそ美しく咲く花「紫陽花」、早速カメラを持って庭を一回り。

1時間余、アジサイのしっとりと雨に濡れる風情に心を動かされました。

鎌倉の「明月院」があじさい寺として有名です、豊田健歩会は明日14日、梅雨の季節ならではの花めぐりを楽しんできたいと思う。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/8

梅雨入り  季節


 7日、気象庁は関東地方の「梅雨入り宣言」がありました。立春から135日目。暦の上では、太陽の黄経が80度に達した日を入梅とされていますが、実際には気象庁の発表によります。

 梅花空木・姫空木・箱根空木・谷空木などの花期が終ると「ヒノマルウツギ」が咲き出す。ヒノマル空木が咲くころに「梅雨入り」することが多い。
❝ベルエトアール(梅花空木) ❞、フランスで品種改良され、実生から誕生したと言われる、和名「ヒノマルウツギ」。 

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/4

天体ショー  つれづれ日記


 今夜は梅雨入り前の晴れた夜空を期待したが、昨夜と同じ薄曇り。
月の(月齢9.3)右側に木星、左側におとめ座の1等星のスピカが見えるはず、残念薄雲に覆われて見えませんでした。
 いよいよ梅雨入りが秒読みになりましたか。


クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/3

田んぼたんぼの田植え  つれづれ日記

 最近は農家の人手不足を補う機械化によって省力化がすすめられていますが、農業研究センターなどと高精度の衛星利用測位システム(GPS)を使った田植え機の共同開発を勧めているそうです。何しろ無人の機械が田植えをしてくれるのだから驚きです。

 午後の花菜ガーデンで「田んぼたんぼ探検隊」の田植えがありました。小学生と3才以上の親子ずれ20名良い体験ができたでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ”ワイルドフラワー” には 初夏の花tが咲き競っていました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/2

ヤマホタルブクロ  


 初夏から夏の前半にかけて釣り鐘形の花を多数咲かせます。細い地下茎を伸ばしてふえ、開花した株はタネと多数の子株を残して枯れます。子株は1〜2年で花を咲かせます。丈夫で、あまり手のかからない植物です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/1

タチアオイ  

 二十四節気は6月5日より「芒種」に変わります。
 この時季は麦の刈り入れを始める目安とされる一方、昔は今頃から稲の植え付けに適した時期といわれ、田植えの最盛期を迎えていました。今は機械化されて、あっという間に田植えが終わってしまいます。

 3日以降はしばらく晴れる所が多いが、来週中頃は、九州南部で梅雨入りの発表があるかも? と予報が出ました。
 関東地方もしばらく雨の季節となります。そして「タチアオイ」の一番上のつぼみが咲く頃、梅雨明けになるかも?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017/5/28

ハマナスが咲きました  


 ハマナスが咲くと、大勢の人たちに花の苗を上げていた、お花のおばさんを思い出します。
 バラ科、バラ属の一日花。一日花ですが5月から8月頃までよく咲きます。「悲しくそして美しく」の花言葉もそこから生まれたのでしょうか?
 辞書には浜梨(ハマナシ)と呼ばれたのが何時しか浜茄子(ハマナス)となったと書いてありました。

 「知床の岬に浜茄子の咲く頃・・・・」知床旅情の歌が思い出されます。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ