あきおの日記

日本共産党倉敷市議会議員田辺昭夫のブログです。
「あきおの日記」は私の中学時代に毎日給食時間の校内放送で流れた番組の題名です。とても懐かしい響きなので、このブログの題名にしました。出来るだけ毎日の出来事や思いをつづっていきたいと思います。

 

たなべあきお

メール

<お便りはこちらへ→メール                            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:七誌
自民党歴代政権は、原子炉といい、関空といい、後腐れのたっぷりある建造物をずいぶんたくさん造ってくれましたよねえ。

空港についていえば、地盤沈下の心配の少ない、岩国とか横田とか米軍の空軍基地の返還を求め、そこを民間空港として利用し、使い分けた方が、よほど善政となるでしょう。


[関西空港] 沈下の状況|関西エアポート
http://www.kansai-airports.co.jp/efforts/our-tech/kix/sink/sink3.html


安倍政権は、関空を、慌てて再開しようとしていますが、台風のように予報が出ていてもあれだけの混乱になったのだから、大津波が襲来したら、安倍首相が、安全なところに逃げろと仰られても、逃げ場がございません。
時間の余裕が無ければ、混乱の極みとなるでしょう。夜に停電が加われば、よけいにもっと大変なことになるでしょう。今回の台風では、鉄道などの公共交通機関が停められていたので、空港にいた人は少なかったから、あの程度の混乱で済んだのであって、避難しきれないでしょう。

そういえば、倉敷市では、先日の台風で、二十何万人だかに、避難しろとか指示だったかされたそうですが、それだけの避難所を用意してから、あるいは、避難人口が増えたら対応する余裕を見込んで、いたのでしょうか。

この頃の、首相のお言葉に、逃げろ逃げろとあるのをよく聞く。
逃げ場の確保を済ませてから、仰られているのか。えっ?エッ?えー?と思いながら伺っておりますです。
投稿者:「本がなければ認可はあり得ない。」
「この獣医学部のように、授業が始まっているのに書架に本が並んでいないということは考えられないことである。本がなければ認可はあり得ない。それが認可された」
(直言(2018年7月9日)「ゆがめられた行政」の現場へ—獣医学部新設の「魔法」
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2018/0709.html

投稿者:「経産省の公文書 国民に目隠しの発想だ」
東京新聞:経産省の公文書 国民に目隠しの発想だ:社説・コラム(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018090302000177.html
投稿者:「メールも破棄指示」
東京新聞:「メールも破棄指示」 公文書管理で経産省幹部:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201809/CK2018090102000154.html?ref=rank
投稿者:「政治家発言 記録残すな」
東京新聞:「政治家発言 記録残すな」 経産省、公文書管理で指示:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018083190070733.html?ref=rank
投稿者:「長者の万灯まんとうより貧者の一灯」
いつもは倉敷市への税金の支払いが期限ぎりぎりになっていた。時々、遅れていた。今年は繰り上げて払おうと思う。
こんなこと位しかできないのは申し訳ない。

ちょっと一息

田辺昭夫の略歴です               田辺昭夫のぎょうざづくりレシピ                    ぎょうざの皮づくりレシピ

QRコード

しんぶん赤旗

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ